緊急特集緊急特集ウインドウズ

ライター:本田雅一(フリージャーナリスト)

http://about.me/mhonda/

Part2本田雅一の最新Windowsレポート

「新しいWindows」への移行に
難色示す理由がなくなってきた!?
  • この4月、マイクロソフトの開発者向け会議「Build」で発表された最新OS「Windows 8.1 Update」
  • タッチ操作はそのままに、マウスとキーボードでの操作性を格段にアップ
  • デスクトップ画面の改良を継続的に行い、短期間でのさらなるアップデートを予告

Windows 8での反省点

今年春までのパソコン(PC)売り上げは、実のところとても調子がよかった。Windows XPのサポート終了がいよいよ迫り、買い換えの動きが強まったことに加え、消費税増税前の駆け込み需要も加わった。

しかし、こうした一時的な需要増は業界にとって一服の清涼剤になったとしても、基礎的な市場環境の変化を表しているわけではないことは、いうまでもないだろう。

先日、アップルが主力製品MacBook Airの値下げを発表したこともあり、しばらくは個人向けWindows PCの市場は厳しくなりそうだと感じている読者も少なくないかもしれない。

しかし一方で、このところのマイクロソフトのWindowsに関連した動きには、『Windows 』への求心力を取り戻す効果もあると思う。

マイクロソフトは「基本ソフトとアプリケーションソフトの会社から、デバイスとサービスの会社になる」という方針を立てており、長期的にはWindowsへの依存度を下げていくと考えられる。だが、一方でWindowsは現時点においてマイクロソフトの主力製品だ。そのWindowsに関して、多くのPCユーザーに理解されやすい戦略を採用する方向に、マイクロソフトは変化してきている。

一つのきっかけは、Windows 8の失敗だろう。Windowsはアップル製を除くほとんどの個人向けPCで採用され、成功/失敗が見えにくい。しかし、ラディカルなまでにタッチパネル依存が強い方向へと舵を切ったWindows 8は、従来ユーザーの支持を得られなかった。

Windows Vistaや7に比べ、搭載プロセッサやメモリ容量への要求が小さくなるよう設計されているため、一部のWindows XPユーザーが自らインストールするなどの動きはあったものの、大幅変更されたインターフェイスや利用シナリオを多くの一般ユーザーは受け入れなかった。

しかも新OS向けのストアアプリも、お世辞にも充実しているとはいえない状況である。昨年投入したWindows 8.1で、かなり使い勝手を改善したものの、失地挽回とまでは行かなかったというのが個人的な印象であり、市場の空気感もそれを反映していた。

無償アップデートプログラム

しかしマイクロソフトは対応の準備を進めていた。それが「Windows 8.1 Update」といわれる無償アップデートプログラムだ。米サンフランシスコで4月2日より開催されたマイクロソフトの開発者向け会議「Build」で発表。4月8日からアップデート可能になっている。

このアップデートではキーボードとマウスによる操作性が格段によくなり、スタート画面でのマウス操作で右ボタンメニューが使えるようになるなど、いくつかの機能を直接クリックで呼び出せるよう改良された。さらにWindowsストアアプリの起動や切り替えを、デスクトップ画面のタスクバーから行えるようになる。

すなわち、Windows 7以前の操作に慣れたPCユーザーが、ストアアプリ、デスクトップアプリの両方をシームレスに使い分けられる。

今までのWindowsに慣れていたユーザーが買い換える際に、わざわざWindows 7へダウングレードする事例が後を絶たなかったが、今後はそうした無駄な作業も大幅に減るだろう。マイクロソフトはWindows 8.1 Updateを含むインストール用ISOイメージを用意しており、PC向けプリインストールのイメージも順次変更になる見込みだ。

PCに詳しくない消費者は買い換えの際、PCに詳しい知人に相談することが多い。多くの『PCに詳しい人 』は大幅な操作環境の変化を好まなかったため、Windows 8 PCを推奨しないケースも少なくなかった。しかし、こうした声はマイクロソフトにも届いていたのだろう。

Buildでは今後継続して、従来のデスクトップ画面を中心としたユーザーインターフェイスに、近づける方針を示している。ただし、タッチ操作を諦めたわけではない。従来の使い方をしたい人は従来通り、タッチパネルを活かしたい場合はそれに適したユーザーインターフェイスで利用可能にする。Windows 8.1 Updateが、その第一歩というわけだ。

Windows 8.1 Updateで最初に目を引くのが、スタート画面右上に現れた電源ボタンと検索ボタンだろう。これは右上コーナーにマウスカーソルを移動させて表示させるチャームから「設定」を選択後に現れる「電源」アイコン、あるいはチャームに現れる検索アイコンと同じ機能を持っている。

同じ機能を2カ所に配置しているのは、キーボードとマウスを使ってWindowsを操作するユーザーにとって、この二つが重要だと判断したためだ。マウス操作前提ならば、いちいちチャームを出してタッチで機能を呼ぶのではなく、こうしたトップ画面のデザインで処理する方がわかりやすいだろう。

さらにマウス操作でスタート画面に登録されているアイコンにマウスカーソルを合わせ、右クリックをするとその場でオンデマンドの右クリックメニューが表示される。Windowsの操作に慣れたユーザーなら、ごくごく当たり前の振る舞いだが、これまでのスタート画面ではタッチパネル向けの選択肢が、画面下部からポップアップする形式だった。マウスでの操作移動量が多く、決して使いやすくはない。

このように、長年培われてきたキーボードとマウスによる操作への違和感のない対応が、今回のアップデートにおける主眼である。

デスクトップ画面の改良を継続

次にWindowsストアアプリ、すなわちタッチパネルを前提とした全画面動作のアプリケーションを見てみよう。まず、マウスカーソルを上部に移動させると、タイトルバーが表示され、その左右には見慣れたアイコンが現れる。

全画面動作のアプリだけに、ウィンドウ操作は最小化(他のアプリに制御を渡す)と閉じるしかないが、システムメニューにはスナップ操作へのメニューも用意されており、一般的なデスクトップアプリに近い感覚でマウスを操作できる。

今度はマウスカーソルを下部に移動させよう。するとWindowsストアアプリであるにもかかわらず、そこにタスクバーが表示される。マウスカーソルを動かすことでタスクバーでの操作も、Windowsストアアプリに対して行えるようになる。

例えばFacebookのストアアプリのアイコンにマウスカーソルを当てると、Facebookアプリの画面イメージがプレビュー表示され。この上で右ボタンをクリックするとピン止めも可能で、デスクトップアプリを操作中にタスクバーからピン止めされているWindowsストアアプリを起動。再びタスクバーで元のデスクトップアプリケーションに戻す、といったことも可能になる。

筆者は普段、タッチパネル非搭載のWindows PCを使っているが、タッチパネルなしでWindows 8.1を使う際に戸惑いが残っていた。だがWindows 8.1 Updateを組み込んで以降は違和感なく操作できている。

さらに、マイクロソフトは今後、Windowsストアアプリをデスクトップ画面上でウィンドウ表示させる改良を盛り込む他、スタートメニューを復活させ、メニュー内にスタート画面のライブタイルと同様のタイルを表示させることも検討している。これらは「次のアップデート」で実施される。

次のアップデートは「Windows 9」を想像する読者も多いはず。しかし、どうやら関係者によると「操作性の改善が見込めるならば、大きな節目でなくとも短期間にアップデートをかけていく予定」とのこと。すなわち、さらなるデスクトップ画面の操作性改良は、さほど遠くないうちに提供される可能性が高そうだ。

前述したように「Windows 8.x」は、操作時の応答性などで快適な面も多く、新しい省電力機能などにも対応している。Windows 7と比べた場合、基本ソフトとしての性能はいい。今回のアップデート内容を見る限り、そろそろ新しいWindowsへの移行に難色を示す理由はなくなってきたといえるのではないだろうか。