本田雅一のスペシャルレポート新OS「Windows10」をリリース

ライター:本田雅一(フリージャーナリスト)

http://about.me/mhonda/

新OS「Windows 10」をリリース
MSが描く新時代のPC利用環境とは!?

 

いよいよWindows 10がリリースされ、一斉にパソコン業界に注目が集まっている。

もちろん、『消費者向け商品 』という切り口でいえば、新型スマートフォンほどのインパクトはないかもしれない。パソコンはいまだ大市場だが、『パソコン市場 』という時の話題の中心は企業向けを指すことが多くなってきたからだ。

パソコン向け基本ソフトの大多数はWindowsだが、一方で消費者心理に働きかける力という意味において、パソコンの存在感はここ数年、下がってきている。それでもWindows 10に注目が集まるのは、久々にパソコンというジャンルで新しい夢を見させてくれるだけの基本ソフトが登場したからに他ならない。

Windows 10に関する情報は、すでに各種発信されているが、ここではその総括という意味も含めて筆者が注目しているポイントを紹介すると共に、マイクロソフトが作ろうとしている、新たな時代に即したパソコンの利用環境について解説しよう。

どんなタイプの端末でも動作可能な「UWA」

Windows 10は、スマートフォン向けのWindows 10 Mobileとパソコン/タブレット向けのWindows 10に大きく分けられる。動作するコンピュータの規模やプロセッサの種類が異なるため、個別に開発されているが、基本機能は共通する部分が多い。動作するアプリも「ユニバーサルWindowsアプリ(UWA)」という形式で作られたものは、どんなタイプの端末でも動かすことができる。

もちろん、各端末の画面サイズやユーザーインターフェイス要素は異なる。例えばパソコンならばキーボード、マウス(あるいはタッチパッド)、大きなディスプレイがユーザーインターフェイスの中心といえるだろう。これがタブレットならタッチパネルと大画面、スマートフォンはタッチパネルと小さい画面だ。

キーボード・マウスとタッチパネルでは、それぞれに適した画面設計が異なるが、さらにタブレットとスマートフォンでも、画面サイズの違いがユーザーインターフェイスの違いとなって表れる。

そこでマイクロソフトはWindows 10において、それぞれの画面サイズやユーザーインターフェイスのタイプによって、画面レイアウトなどを複数持って切り替える仕組みを導入。ある一つのアプリをWindows Phoneで動かせば、コンパクトな画面とタッチパネルで操作可能となり、パソコンで動かせばウィンドウの中に大画面向きの画面レイアウトで表示されるといった具合だ。

現時点ではスマートフォンをサポートするWindows 10 Mobileの提供は始まっていない(10月予定)。まずはパソコンとタブレットに話の方向を絞ることにしよう。

パソコンとタブレットの基盤技術を統合

Windowsタブレット向けに開発されたアプリを、独立したウィンドウ内で動作可能にする改良は、すでにWindows 8.1 updateで提供されていたが、Windows 10ではさらにいくつかの改良が加えられている。

8.1 updateで起動時からデスクトップ画面を表示可能に改良してはいたが、Windows 8.xのデスクトップ画面は、過去のアプリを使うための互換機能に近い扱いだ。デスクトップ画面とタッチパネル向け画面との間には、スムーズに動作できるような配慮に欠けていたともいえる。

これに対してWindows 10では、タッチパネルでの利用も、デスクトップ画面でキーボードとマウスを使う場合でも、違和感なく使えるようWindowsの基本ユーザーインターフェイスを設計した。Windows 8で不評だったスタート画面も、デスクトップ画面モードではスタートメニューの中にレイアウトされる。

さらに、パソコンがタブレットモードになっているのか、あるいはキーボードを使うパソコンスタイルなのかを検知し、自動的に両モードを切り替える機能も備える(手動切り替えも可能)。同時にWindows自身だけでなく、動作中のUWAアプリも画面レイアウトを変化させるよう開発することが可能だ。

この機能を「Continuum」というが、同様の機能はWindows 10 Mobileにも組み込まれる。Windows Phoneにディスプレイを接続し、Bluetoothキーボードを用意すれば、パソコン用アプリのような画面に切り替わって作業できる。その際、Windows Phoneの画面をタッチパッド代わりにポインティングデバイスとしても使うことも可能だ。

このようにマイクロソフトはWindows 10において、タブレットとパソコン、二つの異なる様式のコンピュータを一つの基盤技術で統合することに成功した。そしておそらくスマートフォンも、同じ基盤の上に上手に統合するものと予想される。

これはiPhoneでの取り組みを大画面に適用させることでiPadを開発し、iPadとパソコンであるMacとの間に一線を引いているアップルの手法とは逆方向のアプローチ。マイクロソフトはWindows 8の頃から「タブレット端末を作るなら、画面サイズが近いパソコンと技術基盤を統合すべき」という方針を採ってきた。

これは異なる端末で同じ機能のアプリを開発する際、もっとも手間がかかるのは「画面デザインを中心としたユーザーインターフェイス」という経験則に基づくもの。Windowsタブレット向けに開発したアプリならば、パソコン画面でもウィンドウ表示にすれば違和感なく使える。

これまでは単に「そう考えている」というだけだったのが、Windows 10で洗練させた形で実装できたことの意味は大きい。

 

Windows『最大の弱点 』克服のための仕掛け

ただしWindowsにはまだ大きな弱点が残っている。それは「アプリ不足」だ。パソコン用ソフトウェアの豊富さがWindows最大の魅力だ。文書作成、写真修整、動画編集や音楽制作など、クリエイティブな作業に必要なさまざまなアプリケーションがWindowsには揃っている。

しかし、一方でクラウド型サービスを利用するためのアプリは少ない。

Windowsパソコン向けにアプリが用意されず、Webブラウザを通じて限定的な機能しか利用できなかったり、パソコン用ブラウザからは利用できないものもある。パソコンとしてのWindowsにアプリ不足はないが、タブレットやスマートフォンでの利用には問題が多く残っているということだ。そこでマイクロソフトは、二つの仕掛けを用意した。

一つはiPhone/iPad用に開発されたアプリを、最小限の調整だけでWindows 10用に変換するためのツールを提供すること。これを用いればiPad用に設計されたアプリが、Windowsパソコン上のウィンドウ内で動くようになる。Windows用アプリとしてリリースするかどうかは開発者の判断次第だが、アプリ不足解消の切り札になると期待されている。

もう一つはWinodws Phone専用の仕掛けだが、Windows Phone上で、Androidスマートフォン向けに開発されたアプリを『そのまま 』動かすことが可能になる。これはWindows 10 MobileにAndroidアプリを動かすためのサブシステムというモジュールを組み込むためだ。パソコン/タブレット用のWindows 10には組み込まれないが、Windows Phone普及のきっかけになるかもしれない。

Windows 10が変える『Windowsの位置付け 』

近年のマイクロソフトの悩みは、『個人に紐付いた個人のためのコンピュータ 』の基本ソフトが、WindowsからiOSへと変化してきたことにある。業務用における業界標準の地位は揺るがないので、個人向けパソコンも少数派に回ることはないだろう。

しかし、パーソナルなコンピュータをタブレットやスマートフォンにまで広げて考えると、Windowsの地位は怪しくなる。とりわけ個人が自分自身で購入する商品としての魅力が薄くなっていた。

Windows 10はタブレットやスマートフォンまでを一つのWindowsでカバーできるというマイクロソフトのメッセージであり、『パソコンのためのWindows 』から『個人が使うすべてのコンピュータのためのWindows 』への脱皮を意図している。

確かに今からスマートフォン市場で大きな存在感を示すのは難しいかもしれない。しかし進むべき方向を見つけた時のマイクロソフトは強い。今後はWindows 10を継続的に改良しながら、性能や機能、操作性を磨き込んでいくという。

Windows 8以降、目の前に立ちこめていた深い霧を取り払う手段を模索していたマイクロソフトだが、今回のリリースで視界が拓けてきたことは間違いないだろう。その本格的な成果が期待される年末に向けて、まずは10月のWindows 10 Mobileの出来具合に期待したい。