マンションのLED化 共有部分の照明電気代にメス導入事例 LED照明「OBSジャパン」

導入事例 LED照明「「OBSジャパン」」

LED化で60%以上の削減率も!

ヤマダ電機では全国のマンション管理組合へ向けて、LED照明への入れ替え提案を強化している。

共有部分(エントランス、ロビー、廊下等)にかかる照明電気代は、ともすれば見過ごしにされがちだが、点灯時間が長いだけに消費電力量は大きい。

この部分の直管形蛍光灯や電球などをLED照明へと入れ替えることにより、電気代の大幅カットが確実に実現する。

例えばヤマダ電機が昨年納入したクレストフォルム上野グランステージ(東京都)の場合、LED照明への入れ替えシミュレーション(表1)では、年間の電気代削減額は72万円弱。63.2%もの削減率となる試算結果となった。

同じく昨年納入したレーベンリヴァーレ坂戸リッツ(埼玉県)でも、年間削減額は32万円強で、削減率は47.7%。共有部分の明るさや雰囲気を変えることなく経費を削減できるだけに、住民にとってはメリットの大きな施策といえよう。

表1 年間電気代削減額のシミュレーション

クレストフォルム 上野グランステージ

クレストフォルム上野グランステージはJR上野駅から数分、都内有数の目抜き通りである昭和通りに面した都市型マンションだ。

14階建てで総戸数156戸、モダンなデザインが印象的な外観となっている。

今回、LED照明への入れ替えを決定した最大の理由は「経費の削減、及び地球温暖化対策への貢献」の二つだった。

入れ替えた場所は、ホールの天井や廊下・階段、駐車場や駐輪場、ゴミ置き場や外壁壁面など、ほぼすべての共有スペースに及び、使用したLED照明の総個数は448本。直管形やダウンライト型、防滴型など使用場所に応じた各種モデルを採用している。

これらの照明には従来、蛍光灯や電球などを用いていた。

その年間電気代はシミュレーションによれば113万円以上であり、大きな負担だった。

しかし、これらをLED照明に入れ替えたことで、年間電気代試算は42万円までダウン。
実に72万円弱の年間電気代をカットできることとなる。これを削減率でいえば63.2%にも達する試算である。

初期コスト(LEDランプ代、工事代)には290万円強かかっているが、この費用を単純計算して、年間電気代の減額分で除しただけでも、4年ほどでの投資回収が可能になる計算である。

しかも、蛍光灯や電球は寿命が短いため(※3)、数年に一度の定期的なランプ交換が不可避だ。これにかかるランプ代や工事代を加味すれば、初期コストの回収期間はさらに短縮することになる。つまり、中長期的にみれば、実質のコスト負担はゼロで、電気代の大幅なカットが実現するわけである。

もちろん、LED照明への入れ替えメリットは経済面だけにとどまらない。同マンションの理事会では「特に『共有スペースの1階フロアが明るくなった』との感想を聞くことが多い。マンションの雰囲気を、さらに高める結果となったことは確かだろう」と話している。

レーベンリヴァーレ 坂戸リッツ

こうした感想はレーベンリヴァーレ坂戸リッツでも、異口同音に聞かれる。同マンションは14階建てで総戸数は127世帯。

東武東上線坂戸のほぼ駅前に立地し、大型スーパーにも隣接。学校や公園、医療機関なども近く、都心のベッドタウンとして最適な住環境といえる。

同マンションの理事会でも電気代の削減が、大きな議題だった。そして当初は、マンション一括受電を検討したという。

一括受電とは集合住宅全体で、電力会社と高圧電力契約を行うもの。

各居住者は高圧電力契約者(マンションの管理会社や理事会等)と低圧契約を行うことで、電力供給を受ける方式のこと。

高圧契約の電気料金単価は約16円/1kWh。一般家庭が個別に行う低圧契約の単価(約24円/1kWh)よりも、低料金で電力を使用できる。

だが契約を進めていく過程で、設備工事の負担が小さくないことや、受電後の設備点検時には、一定時間の停電が避けられないことなどが判明。

一括受電の導入を見送ったという経緯があった。

その代替案として浮上したのが共有スペースのLED照明化だ。

エントランスやホール、ゲストルームや廊下・階段などで総数369本のランプをすべてLED照明にシフト。

これにより年間で62万円以上かかっていた電気代を、ほぼ半減の32万円強にまで圧縮できる試算結果となった。

初期コストの約136万円の回収期間は単純計算で4年半、蛍光灯や電球の定期交換コストを加味すれば、回収はさらに早まる試算である。

同マンションでは「電気代のカットは大きなメリットだが、電球の定期交換頻度の大幅減少も見逃せない」と話す。

電球や蛍光灯の交換時期は一斉ではなく、個々によってマチマチ。その都度の交換は思った以上に手間がかかるものだけに、その作業の激減は大きなメリットだろう。

マンションなどの集合住宅におけるLED照明化は、居住者の暮らしぶりを変えることなくできる、確実な経費カット策として今後、一層注目されることになりそうだ。

OBSジャパンの最新LED照明ラインアップ

電源内蔵直管形LED照明
LED TUBE
69-02
**OBSJ-T806E-B850-07FU(20形)**
●消費電力:7W
●全光束:1190lm
●効率:170lm/W
●色温度:5000K
●演色性:Ra80
●LED素子:日亜化学製
**OBSJ-T812E-B850-13FU(40形)**
●消費電力:13W
●全光束:2210lm
●効率:170lm/W
●色温度:5000K
●演色性:Ra80
●LED素子:日亜化学製
**OBSJ-T824E-B850-33FU(110形)**
●消費電力:33W
●全光束:5400lm
●効率:170lm/W
●色温度:5000K
●演色性:Ra80
●LED素子:日亜化学製
水銀灯代替・防水(IP67)型
高天井用LEDランプ
**OBSJ-C5K-90W(400W相当)**
●消費電力:90W
●全光束:12600lm
●色温度:5000K
●演色性:Ra80以上
●重量:1.88kg
●LED素子:日亜化学製
**OBSJ-C5K-150W(700W相当)**
●消費電力:150W
●全光束:21000lm
●色温度:5000K
●演色性:Ra80以上
●重量:1.88kg
●LED素子:日亜化学製
**OBSJ-C5K-260W(1000W相当)**
●消費電力:260W
●全光束:33800lm
●色温度:5000K
●演色性:Ra80以上
●重量:1.88kg
●LED素子:日亜化学製
360度全体発光(口金E39)
LEDコーンライト
**OBSJ-CON-B35**
●消費電力:35W
●色温度/全光束:2000K/3500lm、2700K/3800lm、5000K/4200lm
●演色性:Ra80
●防じん防水:IP65
●LED素子:日亜化学製
**OBSJ-CON-B50**
●消費電力:50W
●色温度/全光束:2000K/5000lm、2700K/5250lm、5000K/6000lm
●演色性:Ra80
●防じん防水:IP65
●LED素子:日亜化学製
**OBSJ-CON-B80**
●消費電力:80W
●色温度/全光束:2000K/8000lm、2700K/9000lm、5000K/10000lm
●演色性:Ra80
●防じん防水:IP65
●LED素子:日亜化学製