「電力小売り全面自由化」がスタート電気代カット!最新事情

「電力の小売り全面自由化」がスタート

2016年4月1日から「電力の小売り全面自由化」がスタートした。

一般家庭や小規模事業所向けの電力はこれまで、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが小売りをしており、ユーザーは電力会社を選べなかった。

だが、4月1日以降は電力の小売りが全面自由化され、ユーザーはエリア内でサービスを提供している電力会社であれば、どこでも自由に選択可能になった。
新規参入した電力各社は、顧客拡大を急ぐべく各種のプランやメニューを提案中だ。
ユーザーはその中からライフスタイルや自社のビジネスモデルなどに合ったメニューを提示する電力会社選ぶことで、電気料金カットなどのメリットを享受できる。

これに加えて、省エネ性能に優れた機器への入れ替えなどを加味することで、さらに効果的な「省エネルギー&電気料金カット」が実現する。
特に最新のLED照明やエアコンは、省エネ性能の向上が著しい。
その意味でこの夏は、電力関連コストを大きく引き下げる絶好のチャンスといえる。

10-01