オフィス機器「基礎講座」今さら聞けない!?
オフィス機器「基礎講座」

ビジネスプロジェクター

「投写技術」「光源技術」「用途タイプ」
3つの分類から機器特徴を徹底理解!

ビジネスプロジェクターとは、文字通り業務使用を目的としたプロジェクターだ(ホーム機との違いは囲み参照)。営業や商談、販促などさまざまなシーンで活用されている。

機種選択に困るほどのラインアップだが、大きくは①投写技術、②光源技術、③用途タイプ――この3つの視点から分類できる。以下、詳細を見ていこう。

主な投写技術は3タイプ

プロジェクターは、映像を作り出す部品(映像デバイス)により、光源ランプからの光を映像化する。この映像デバイスとして採用されている方式が①投写技術だ。「液晶(3LCD)方式」「DLP方式」「LCOS方式」の3つが主に用いられている(表1)。

このうち中心技術は、3LCD方式とDLP方式で、いずれもエントリーからハイエンドクラスまで、幅広い搭載機が揃う。

3LCD方式は、3枚の透過型液晶パネルで構成された技術(図1)で、安定したカラー再現性を持ち、資料や映像が色鮮やかで色域(表現できる色の範囲)も広い。ただし、黒浮きや格子状の影が出やすいといったデメリットも指摘されている。

デジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)という半導体素子を用いた技術がDLP方式だ(図2)。

1枚のDMDで構成された1-chip DLP(単板式)が主流で、部品点数を少なくできるので小型軽量モデルが多い。コントラスト性能に優れているが、構造的な特徴から人によっては虹のような模様(レインボーノイズ)が映像上に見える。3枚のDMDを用いたもの(3-chip DLP)もあり、映画館向けなどの業務用大型モデルなどに採用されている。

また、LCOS方式は優れた解像度や高コントラストが特徴で、4K対応機や医療向けなどハイエンド機を中心に搭載。ただし、ラインアップは少ない。

<図1 液晶(3LCD)方式の仕組み>
56_028

<図2 DLP方式の仕組み>
56_029

<表1 投写方式別による種類と特徴>

投写方式 仕組み 主な特徴
液晶(3LCD)方式 3枚の透過型液晶パネルを採用した方式。光源ランプからの光をRGB(赤/緑/青)の三原色に分解し、各色に割り当てられた液晶パネルを透過させた後にプリズムで合成することでカラー映像化。これをレンズ経由で拡大投写する。 安定したカラー描写が特徴で、投写映像に左右されることなく鮮やかな色彩が得られる。黒色がグレー調に再現される傾向(黒浮き)があるほか、画素を駆動させる配線が画素間にあるため、それが映し出されて格子状の影が映像に出やすいことなどが短所とされる。
DLP(デジタル・ライト・プロセッシング)方式 半導体チップ上に画素数分の微細な反射鏡(マイクロミラー)を形成した表示パネル(DMD)を採用した方式。ミラーの角度を変えて光のオンとオフを制御して映像表示する。カラー映像は、カラーホイールの高速回転によりRGBを切り替えて再現される。「1-chip DLP」と「3-chip DLP」がある。 高いコントラストや経年劣化の少なさなどのメリットがあるほか、単板方式(1チップのDMDを搭載)では部品点数が少ないので、小型・軽量化が可能。一方、RGBを高速で切り替えるという構造上、人によっては映像上にレインボーノイズ(虹のような模様)が見える。なお、3-chip DLPではこうしたノイズはないとされる。
LCOS方式 反射型液晶素子を用いた方式。投写原理はLCD方式と同じように光を三原色に分解して各色を映像化して再合成するが、光を透過させるのではなく、反射させる点で異なる。 優れた高解像度や圧倒的なコントラストが特徴で、ハイエンドクラスの4K対応や医療向けモデルなどに採用されている。本体は大型で高価格、ラインアップが少ない点がデメリットとされる。

光源技術によるカテゴライズ

 ②光源技術とは、光源ランプに採用されている方式のこと。従来は「水銀ランプ」が主流だったが、最新ラインアップには「LED」「レーザー」「ハイブリッド型」といった半導体素子を光源とするモデルが並ぶ。環境意識の高まりを背景に、今後は半導体光源が徐々に増えると見られる*1。

長年にわたり採用されている水銀ランプは、本体コストを抑えながら高輝度化しやすいので、導入コストの削減に効果的だが、ランプの経年劣化が大きい。輝度が半減するレベルと定義された光源寿命は2500時間~5000時間程度が一般的で、使用頻度が多い場合はランプの交換が必要だ。

寿命後半には投写輝度も低下してくるため、画質を優先するなら交換サイクルはさらに短くなり、使用時間が長く頻度が多いほどランニングコストもかさむ。

これを解決するものとして注目される方式が半導体光源だ。各技術の詳細などは表2に譲るが、共通メリットは「長寿命であること」と、「省エネ性能に優れている」こと。光源寿命は約2万時間のタイプが多く、一般的な水銀ランプの約4倍にも相当する。その分だけ、ランプ交換のコストや手間を削減できる。

消費電力は水銀ランプの半分から3分の1程度。最大輝度に到達する時間も早く、使い勝手のよさも特徴だ。

デメリットは、導入コストが高いこと。半導体光源を採用したプロジェクターは、同等クラスの水銀ランプ搭載モデルに対して2~3倍。想定される使用時間を考慮して光源方式を選ぶことが、TCO(購入から廃棄までの総費用)の削減につながる。


*1:水銀使用の製品を規制する「水俣条約」で、プロジェクターの水銀ランプは特殊用途として対象から外されている

<表2 光源技術別による種類と特徴>

種類 概要
水銀ランプ 本体コストを抑えながら高輝度を実現できることがメリットである。ただし、ランプの経年劣化が大きく、光源寿命(輝度半減)は2500~5000時間が一般的で、ある程度の輝度を維持するとなると交換サイクルは、さらに早まる。
LED(発光ダイオード) 消費電力が少なく光源からの発熱が少ないので、筐体サイズを小型軽量化できる。LEDだけでは輝度を上げにくいため主流は低輝度モデルだが、色再現性に優れており輝度が低くとも鮮やかな発色を特徴とする。
ハイブリッド型(LED&レーザー) LEDとレーザー(LD)を組み合わせた技術。カシオが2010年に開発した。赤色に高輝度LED、青色に半導体レーザーを利用し、青色レーザー光を蛍光体に当てて緑色に変換しRGBを作り出している。エントリーから上位クラスまで、製品ラインアップが充実している。
レーザー(LD) 高輝度化しやすく、長寿命や低消費電力がメリットだが、LEDに比べてパーツが高価なことや小型化が難しいなどの技術的な理由から、現状では主に常設型で4000lmを超える高輝度クラスで採用されている。

用途や目的によるカテゴライズ

こうした投写技術と光源技術を組み合わせて製品化されているプロジェクターは、さらに用途などが細分化されている。その特徴に基づいた分類が③用途タイプ(表3)だ。

会議や打ち合わせなど、基本的な用途での使いやすさを想定したタイプがスタンダード。3000lm台が標準的な輝度で、飛びぬけて高機能が搭載されているわけではないが、セッティングから活用、撤収までの使い勝手のよさが特徴である。

エントリー機は、必要最低限の機能に絞り、だれもが簡単に使えるという操作の分かりやすさを追求したタイプで、スタンダードのボトムラインを同クラスに位置づけるブランドもある。低価格帯なので最初の1台や買い増しに適している。

スタンダードとエントリーの両クラスとも基本的には社内移動を想定しているが、商談先など社外用途を目的としたのがモバイルタイプ。持ち歩きやすい小型筐体や、出先での活用を快適にする機能が特徴だ。

サイズ感はB5~A4用紙サイズと同等モデルが一般的だが、最近はスマートフォン並みの超小型モデルが注目を集める。

また、比較的に新しいタイプに最短投写距離が圧倒的に短い超単焦点がある。映像に影が出にくくランプも眩しくないといった特徴から、狭い会議室や学校の教室、電子ポスターなど幅広い用途で使いやすい。

タイプ 主な特徴
エントリー プロジェクターを使う上で必要最低限の機能だけを搭載し、簡単なシンプル操作による使いやすさを最優先したタイプ。機能やスペックを抑えた分だけ低価格だが、ビジネス向けだけに輝度は3000lm前後が確保されている。
スタンダード メーカーによっては、ベーシックやアドバンスドなどともいわれ、会議や打ち合わせでの活用に必要十分な機能が搭載されたタイプ。エントリー機に近いモデルからハイエンドクラスに匹敵するものまで、幅広いラインアップが揃う。輝度は3000lmが中心、社内移動を想定した適度なサイズが多い。
ハイエンド 大きな会議室での常設や明所でも100インチ以上のスクリーンに映像を明るく投写する用途向け。輝度は一般的に4000lm以上で、2万5000lm前後の超高輝度などもラインアップされている。
モバイル 社内外で持ち歩いて使うことをコンセプトとしたタイプ。A5~A4程度の小型で軽量な筐体に、外出先での利便性を向上させる機能がされている。最近は、携帯性を最優先した超小型タイプも登場している。
超単焦点 最短投写距離が圧倒的に近いタイプ。25~30cmの距離から80型サイズで投写できるので、使用者の背後に設置が可能。使用者にはランプが眩しくなく、閲覧者にとってはスクリーンに影が出にくく見やすい。
シアター 映像などビジュアルの描写力を重視したタイプ。基本的にはホーム向けハイエンド機にカテゴライズされるが、優れた映像美がプロモーションや演出用途などに使われている。
ホームプロジェクターとの違いは?
プロジェクターは、大きなカテゴリーとして「ビジネスプロジェクター」と「ホームプロジェクター」に分類され、その違いは主に業務と自宅における使い方の差に由来する。

会議室や教室など明るい場所での映像提示を主目的とするビジネスプロジェクターには高輝度モデルが多く、設置や資料提示などの業務利用を快適にする機能の搭載が特徴だ。

これに対し、ホームプロジェクターは自宅で映画やテレビ番組、動画などを楽しむことが中心。リビングや寝室など比較的に暗い場所での使用が想定されているため低輝度タイプが多く、映像の視聴を快適にすることを主眼としたスペックとなっている。

水銀ゼロで高輝度を実現! 環境負荷軽減にも貢献
カシオ XJ-F210WN

●独自光源による長寿命と低消費電力

LEDとレーザーを組み合わせたハイブリッド型の半導体光源により、水銀を使わずに3500lmの高輝度を実現。
約2万時間の長寿命光源や、最大時でも約205Wという群を抜く低消費電力が、ランニングコストを大幅に削減する。

●USB給電、クイックON&OFF、etc

5V/2Vの電力を供給できるUSB端子を搭載。HDMI経由でつなぐスティックタイプ端末などを外部電源に頼ることなく使うことができる。
また、テレビ感覚での電源オン/オフや投写輝度の自動/手動調整機能など、使い勝手にも優れる。

●高い信頼性と安心

防塵設計(本体内部を3ブロック構成)により、光学エンジン部へのホコリの侵入をシャットアウト。
輝度劣化を抑制した長期安定稼働が特徴である。製造は国内だ。
商品スペックなどの情報はこちら

幅&奥行き約11cm! 携帯性に優れた超小型機
C-10W

●注目度が上昇中のミニタイプ

幅111×奥行き111×高さ17.2mm、重さ260g、バッテリー駆動など、スマートフォン感覚で持ち歩ける超小型サイズ。
外出先での不意の打ち合わせなどに役立つ。

●実用上、申し分のないスペック

リアル解像度はWVGAだが、表示はフルHDまで対応する。明るさは100lmながら、LED光源の採用により投写映像は仕様値以上に鮮明。
光源寿命も約1万時間と長い。映像デバイスには、コントラストに優れたDLPを採用している。

●ケーブル不要のワイヤレス接続

無線接続(ミラーリング/DLNA/iOS/Airplay)に対応しているので、スマートフォンやタブレット端末、PCからアクセスポイント経由で接続できる。
無線アクセスポイントがない環境でもダイレクト接続できるので、さまざまなシーンで活用可能だ。
商品スペックなどの情報はこちら

高輝度&簡単投写! 入門機や買い増し機に最適
エプソン EB-W420

●優れたコストパフォーマンス

エントリークラスの価格帯ながら、上位モデル並みの性能と、ビジネスを快適にする多彩な機能を備えたモデル。
有効光束(白い画面基準)/カラー光束(RGB投写時の画面基準)とも3000lm、コントラスト1万5000:1と明るい室内でも鮮やか。

●だれにでも分かりやすい操作性を追求

PCとケーブル1本で接続(USBディスプレイ機能)でき、別売ユニットで無線LANにも対応する。
機器との接続状況は、「ホーム画面」で一覧可能だ。

●斜め投写時も簡単補正

人気機能の「ピタッと補正」対応なので、画面のタテ方向の歪みは自動、横方向の歪みはレバーのスライド操作で修正できる。
斜めから投写しなければならない環境でも、簡単かつスムーズに使い始められる。
商品スペックなどの情報はこちら

フルHD&4000lm! クラス最高峰の高精細機
NEC ViewLight NP-M403HJD

●細かな資料提示に最適

リアル解像度は高精細なフルHD(1920×1080)映像に対応し、輝度は4000lmを実現。
明るい室内でも設計図やCADといったデータを細部まで鮮やかに表現できる。

●省エネ設計&機能

スタンバイ時は、0.15Wの低消費電力設計だ。
また、輝度をコントロールする3つのエコモードを搭載し、例えばオート設定では映像に合わせて明るさを自動調整する。
外光センサーとの併用で、見た目に影響を与えずに電力削減が可能だ。

●節電努力を「見える化」する機能も搭載

本機にはプロジェクターとしては珍しいカーボンメーターが搭載されている。
エコモードなどにより削減した消費電力がCO2排出削減量として換算表示されるので、環境負荷軽減やコスト削減に積極的に取り組める。
商品スペックなどの情報はこちら

高画質で電子黒板が利用可能な超短焦点モデル!
日立ソリューションズ CP-TW3005J

●3LCDと独自技術による高画質力

カラー描写に優れた3LCDを採用し、3300lmとコントラスト5000:1を実現。
さらに、「アクセンチュアライザー」(光沢感をリアルタイム補正)や「HDCR」(暗部を色鮮やかに補正)などの画像処理技術により明所でも鮮明映像を投写できる。

●高い設置の自由度

80型画面で、本体背面から約27cm(レンズ面からは約55cm)の距離で投写できるので、天吊りや壁掛け、縦置き(机上投写)設置などが可能だ。

●本機だけで授業用途にも対応が可能

国内市場で高評価の電子黒板ソフト「StarBoard Software」を標準で同梱する。
また、16Wスピーカーや、時間や映像信号に合わせて出力を自動調整し消費電力を削減する機能などを搭載。教育分野に適したモデルといえる。
商品スペックなどの情報はこちら

圧倒的な映像美! 描写性能に優れたLCOS搭載
JVC D-ILA DLA-X750R

●フルスペックの4K映像入力

最新のHDMI規格などに対応し、業界初の4Kフルバンド(4:4:4/36bit/18Gbps)入力を実現。
NHKと共同開発した「e-shift」テクノロジーには第4世代を採用するなど、これまでとは見違えるほどの高画質と精細感を堪能できる

●肉眼に近い視覚効果を実現

ダイナミックレンジが広い次世代のHDRコンテンツに対応。撮影用カメラのダイナミックレンジに近い高輝度と高コントラストを表現可能だ。

●圧倒的なコントラスト比

独自アルゴリズムにより黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」などにより、ダイナミックコントラスト120万:1&ネイティブ12万:1を実現。
漆黒の闇のシーンでさえも階調が描写される。
商品スペックなどの情報はこちら