「テクノロジー」レポートシャープのプラズマクラスター技術
世界初!結核感染リスク低減に効果

シャープは、同社のプラズマクラスター技術に医療従事者の結核感染リスク低減効果や、結核患者の薬剤耐性獲得(*1)の予防効果があることを世界で初めて実証した。
(*1)患者の保有している結核菌に薬が効かくなくなること

結核菌により感染する結核は過去の病気とイメージされるが、現在も各地でまん延しているという。2014年に新たに結核を発病した患者数は全世界で約960万人に達し、このうち約150万人が死亡したとのこと。日本も、年間約2万人が発症し約2000人が亡くなっており、中まん延国とされている。

ジョージア国立結核病院との共同試験

今回の実証試験は、世界保健機関(WHO)の世界保健人材アライアンスのパートナーであるジョージア国立結核病院(ジョージア国トビリシ)と共同で行われたもの。同病院のザザ・アヴァリアニ院長は、次のように語っている。

「これまで換気やUV殺菌灯などの環境整備が、実際の結核病院で人への感染対策として効果報告されたことはなく、今回のプラズマクラスター技術が初めての報告であり、この試験は先駆性が高い。同技術が結核病院での感染対策の有効な手段の1つとして大きな可能性があることを見出した」。

●ジョージア国立結核病院のザザ・アヴァリアニ院長
●ジョージア国立結核病院のザザ・アヴァリアニ院長

プラズマクラスターとは、空中へ同時に放出されたプラスイオンとマイナスイオンが、浮遊する最近やカビ、ウイルス、アレルゲンなどの表面に付着。プラスとマイナスが結合して酸化力の強いOHラジカルとなり、化学反応が細菌などの表面のタンパク質を分解することで、細菌の働きを抑制するシャープ独自の空気浄化技術だ。

●自然界と同じイオンで空気を浄化する仕組みを持つシャープ「プラズマクラスター」技術
●自然界と同じイオンで空気を浄化する仕組みを持つシャープ「プラズマクラスター」技術

臨床研究専用のイオン発生装置を使用

結核菌に対する効果検証では、2009年9月にタイ胸部疾病研究所と共同で取り組んだ試験により、付着結核菌抑制効果があることを発表。それに続き、今回は臨床研究専用装置を病院内に設置し、空間平均イオン濃度を10万個/㎤まで高めた環境下で効果を検証した結果、院内で働く医療従事者の結核感染リスクを低減し、結核患者の薬剤耐性獲得を予防する効果が確認された。

●効果検証で使用した臨床研究専用イオン発生装置
●効果検証で使用した臨床研究専用イオン発生装置

検証では、医療従事者88名から採血して結核菌の保菌状況を確認(QFT法)し、このうち陰性であった32名を対象に検証を実施。プラズマクラスター装置の有無により2グループに分け、6~8か月後にQFT法により保菌状況を調査した。

この結果、イオン濃度10万個/㎤のイオン発生装置を設置したフロアの医療従事者は、装置を設置しなかった環境下で働いた従事者に比べて約75%結核菌感染リスクが低減された。

●医療従事者のQFT(採血により結核の感染について評価)検査の結果
●医療従事者のQFT(採血により結核の感染について評価)検査の結果

また、同様に一般結核病棟滞在の結核患者に対する薬剤耐性獲得を調査。結核菌培養検査で陽性だった患者49名を対象とした試験では、イオン濃度10万個/㎤のイオン発生装置を設置したフロアの患者は、装置設置なしのフロアの患者に比べ、約78%薬剤耐性獲得を予防できることが確認された。

●DST検査(治療に投与する抗結核薬を判断する薬剤感受性試験)による結核患者の薬剤耐性獲得の結果
●DST検査(治療に投与する抗結核薬を判断する薬剤感受性試験)による結核患者の薬剤耐性獲得の結果
●「プラズマクラスター技術は、空気感染する結核菌感染の予防に有用」と語るジョージア国立病院のネスターニ・ツクヴァッヅェ臨床研究部門ディレクター
●「プラズマクラスター技術は、空気感染する結核菌感染の予防に有用」と語るジョージア国立病院のネスターニ・ツクヴァッヅェ臨床研究部門ディレクター

今後も様々な効果検証を実施

シャープは、2000年からプラズマクラスター技術の効果を第三者試験機関と共同で実証し、これをもとに商品化を進める手法に取り組む。これまで28の機関(2016年9月8日時点)と試験を行い、新型インフルエンザウイルスや薬剤耐性細菌、ダニアレルゲンなどの有害物質の作用抑制、小児喘息患者の気管炎症レベル低減などに臨床効果があることを実証してきた。

同時に、プラズマクラスターの安全性を確認しており、今後も同技術の進化を促すと共に効果実証を進め、「より快適な空気環境を世界に届けることで社会貢献していきたい」(シャープ取締役常務 健康・環境システム事業本部長の沖津雅浩氏)という。

●シャープ取締役常務 健康・環境システム事業本部長の沖津雅浩氏
●シャープ取締役常務 健康・環境システム事業本部長の沖津雅浩氏