知ってトクする「年金講座」基礎の基礎 年金に興味を持とう!(第1回)

年金は40年で3000万円超の貯金に匹敵!?

サラリーマンなら、一度や二度は、自分の給与明細書をしげしげと眺めたことがあると思う。どのような感想を持っただろう?

私が就職して、初めて給与明細をもらったときは、社会保険料の大きさに驚いたものだ。私が就職したのは昭和56年だから、厚生年金も健康保険も保険料率は今よりもだいぶ低かった。それでも、所得税なんかよりも全然高かった。

平成29年1月現在の厚生年金の保険料率は、1000分の181.82、会社が半分負担だから社員自身が負担する率は1000分の90.91だ。厚生年金の保険料率は、今年(平成29年)9月に少し引き上げられて、1000分の193になって、以後変わらないことになっている。本人負担は、1000分の91.5になる。

いずれにしろ、月給の9%強の額が給料から控除されるのだ。月給30万円の人なら、2万7千円強、会社負担とあわせると約5万5千円になる。
保険料はボーナスからも引かれるから、年収450万円のサラリーマンなら、年に約40万円、会社負担もあわせると80万円の年金保険料を払うことになる。これが10年続くと800万円、20年で1600万円、40年なら3200万円である。

厚生年金の保険料相当額を払う代わりに貯金することができるのであれば、会社員時代の平均年収が450万円前後のサラリーマンで、定年までにおよそ3000万円程度の貯金ができていることになる。それなら「年金なんかいらないじゃないか」と思えてしまう。

しかし、現実にそのことを検証しようとすれば、年金制度を知らなければならない。確かに保険料負担は大きいが、生涯で受給できる年金の総額はどれほどになるのか? 会社負担も自分の負担のように考えるのは、果たして正当といえるのか?
また、今話した例えは、いわゆる「老齢年金」に関することだが、年金には遺族年金や障害年金もある。老齢年金だけとの比較で、年金の損得勘定をしても正確な回答は得られないだろう。

いずれにせよ、年金は負担が大きい割に、その内容が正しく捉えられていない。負担が大きければ、その分、年金以外の独自の老後対策が難しくなるわけだから、結局のところ自分の老後は、かなりの程度を年金に頼らざるを得ない。

それなのに、年金を知らない、興味がないでいいのだろうか? 年金は、若いときは負担、老齢期には給付という形で、自分の人生に大きく関わる制度である。若い世代も含めて、多くの人に興味をもってもらいたいところである。

このコーナーは、年金の不安や不満、または時宜的なトピック等々、一般の人たちが興味を持ちやすい話題を取り上げながら、年金を理解してもらうことを目的としている。次回以降、期待してほしい。

渋谷康雄(しぶや やすお)
社会保険労務士 / 昭和32年生まれ。社会保険労務士。明治大学卒業。平成13年「渋谷社会保険労務士事務所」開業。平成18年「特定社会保険労務士資格」取得。得意分野は公的年金・65歳までの継続雇用制度構築・高齢者賃金設計・就業規則・個別労働関係紛争の相談等(年金、社会保険、労働法に関する分野)等。他に講演やセミナー講師、テレビコメンテーターなどとしても活躍。主な著書に「60歳からの年金・健保・雇用保険・税金の判断基準」(平成25年三訂版、日本法令)、「ケース別サラリーマン夫婦の年金がわかる本」(平成26年、日本法令)がある。
URL: http://yasuo-shibuya.main.jp/