スマートフォン/「新商品」レポートAR&VRに両対応「ZenFone AR」
新ビジネス開拓ツールとして期待

「ZenFone AR」の日本発売を発表

ASUS JAPANは新製品発表会「Zennovation」を都内で開催(2017年4月13日)し、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)に標準対応したスマートフォン「ZenFone AR」を発表しました。同製品は2017年1月に米国ラスベガスで行われたCES2017で初お披露目された新モデルで、改めて日本向けに発表した形です。

発売は2017年夏頃としており、価格は8GBメモリ/128GBストレージモデルが税別9万9800円、6GBメモリ/64GBストレージモデルが税別8万2800円の予定となっています。

●新製品となる「ZenFone AR」。プラットフォームはAndroid 7.0
●サイズ感は一般的なスマートフォンと同等

主なスペック(8GBメモリ/128GBストレージモデル)は下表の通り。スマートフォンとして世界で初めてメインメモリに8GBを搭載した他、2K解像度の有機ELディスプレイ、高音質ハイレゾ対応など、ARやVRを快適に活用するためのハイスペック仕様が特徴です。

型番 ZS571KL-BK128S8
本体カラー ブラック
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 821(クアッドコアCPU/動作周波数2.35GHz)
メインメモリ 8GB
ディスプレイ 5.7型ワイド(2560×1440ドット/WQHD)
内蔵ストレージ 128GB
サウンド規格 Hi-Res/DTS Headphone:X/SonicMaster 3.0
Webカメラ アウトカメラ:2300万画素/インカメラ:800万画素
インターフェイス USB Type-C×1/nanoSIMスロット×2、他
バッテリー駆動時間 Wi-Fi時:約15.3時間/連続待受時(LTE):約182.8時間
バッテリー容量 3300mAh
サイズ・質量 約W77.7×H158.98×D4.6~8.95mm/約170g

Tango ARとDaydream VR両対応は世界初

ZenFone ARの最大の特徴は、「スマートフォンとして世界で初めてAR技術のTango とVR技術のDaydreamに両対応した」(ASUS JAPAN プロダクトマネージメント テクニカルプロダクトマネージャーの阿部直人氏)こと。Tango とDaydreamはGoogleが開発した技術。いずれかをサポートした端末は製品化されていますが、両技術に対応した端末は世界初といいます。

●Tango ARとDaydream VRに両対応

一般的なARでは現実世界に拡張情報を表示するためのマーカー(標識)を用意して位置情報を指示する必要がありますが、Tango ARは端末が現実世界を空間として認識することにより、マーカー不要で拡張情報を現実世界上に表示できる技術です。

Tango ARでは現実世界を空間として認識する機能が要求され、ZenFone ARは「TriCam(トライカム)システム」により、これを実現しました。端末背面に2300万画素のメインカメラに加え、距離を測定する「深度カメラ」と動きを捉えて計算する「モーショントラッキングセンサー」という3つのカメラを搭載。具体的には、深度カメラにより照射した赤外線が戻ってくる時間から距離を測定すると共に、モーショントラッキングセンサーにより端末や人物などの動作を追跡し、これらの情報をメインカメラで捉えた映像と合わせてディスプレイ画面に拡張情報を表示する仕組みとのことです。

●「Tango AR」を可能とするコアテクノロジー
●「TriCamシステム」が人間の目のように空間を認識
●「ZenFone AR」の背面に搭載された実際の「TriCamシステム」

ビジネスや教育での活用に期待

発表会ではTango ARをベースとしたZenFone ARの活用例がいくつか紹介されました。例えば、「家具を部屋に置いた場合のフィット感やサイズ感などを正確に把握できる。ユーザーは購入前に従来よりもリアルなシミュレーションが可能で、家具店などでの接客にも便利」(阿部氏)

●デモでは会場内の映像にソファを表示。空間認識により、ソファが壁を突き抜けるといった現象は生じないという
●深度カメラで奥行きを判断。人の背後にソファを表示させることも可能。このデモでは会場に驚きの声が挙がった

また、「実物のサイズ情報を取得しながら建物やクルマ、その内部などを撮影して、様々な角度から立体的に見ることができる3Dモデリングが可能で、空間内に入っていくこともできる」(同前)とのこと。事前撮影した建造物やクルマを使ったデモを行った他、室内の距離を計測したり、現実のテーブル上にドミノを表示して遊んだりといった使い方が紹介されました。

●3Dモデリングしたクルマを現実世界に表示
●クルマに近づき車内を覗くことも可能
●会場内に恐竜が出現。「教育分野などでは実際のサイズで出現させれば理解度が深まる」(阿部氏)
●室内の大きさを計測するアプリを実演
●現実世界にバーチャルのドミノを並べて楽しむアプリ。会場設置のテーブルで試したが、操作感など実にスムーズだった

同社では、「こうした機能を組み合わせることにより、新ビジネスの開拓に活用してほしい」(阿部氏)と業務利用に期待を寄せ、例えば「将来的には、スーパーなどの店舗内にZenFone ARを向けるだけで価格や売り場情報などが表示されるナビゲーションツールとして使えるようになる」(同前)としています。

今後の製品展開にも注目

新製品発表会には、ASUS JAPAN マーケティング部のCynthia Teng部長も登壇。同社が日本のSIMフリー市場へ参入して以降に投入してきた製品の歴史を振り返りつつ、今後も「他のスマートフォンでは体験できない価値としてワンランク上の贅沢を提供していく」と、今後の製品展開について語りました。

●新製品を掲げるASUS JAPAN マーケティング部のCynthia Teng部長
●ZenFone ARと共に参考展示された「ZenFone 3 Zoom」。CES2017で発表されたが、日本発売は未定

Tango ARは個人的にも注目している技術。まだ、アプリ総数は30強で対応端末も今回のZenFone AR以外には、Lenvoの「PHAB 2 Pro」などが発売されている程度で、それほど充実しているとはいえません。Daydreamについても本格化はこれからですが、両方に対応しているという点で、注目しておきたい新製品ではないでしょうか。(長谷川丈一)