使う場所や時間を選ばない小型リチウムイオン蓄電池ヤマダのオススメ!「CUBOX」シリーズ
官も民もBCP対策に続々と導入!!

「CUBOX」シリーズとは

「CUBOX」シリーズとは

ヤマダ電機法人事業本部では、災害時におけるBCP(事業継続計画)対策ソリューションの提案を強化しており、その1つがポータブル蓄電池「CUBOX」シリーズです。

CUBOXでは蓄電容量に応じたラインアップが揃えられており、例えば「CUBOX mini」は蓄電容量550Wh。消費電力500Wの機器を10時間、同5Wの機器なら100時間の連続使用を可能とします。スマートフォンやPC、LEDライトなどの非常用電源に最適。しかも、蓄電池としては軽量な約16kgのコンパクトボディに加え、一酸化炭素や異臭を出さず静音設計なので、夜間でも屋内でも必要な場所で手軽に使用できます。

さらに、蓄電池ながら平時の電源として日常的に活用できることも「CUBOX」シリーズの特徴です。コンセントにつなぎ放しでも、満充電時には電池をスルーして電力を供給するため過充電による電池劣化が少なく、停電時にはUPS(無停電電源装置)並みの早さで電池による電力供給へと切り替わるなど、災害時はもちろん、瞬時停電などのアクシデント対策にも効果的です。

こうした利点が評価され、民間企業や官公庁などで続々と採用されています。次ページ以降、3つの導入事例と「CUBOX」シリーズの製品ラインアップを紹介します。ぜひ、参考にしてください。