食のIoTサービス「ヘルシオデリ」始動/シャープ“出来たて”シェフの味を自宅で簡単に満喫
食のIoT化によるバリューチェーン変革とは!?

 シャープが10月19日からスタートする新サービス「ヘルシオデリ」は、一般消費者にとっての身近なIoTサービスとして、かなり興味深いものだと思います。

 人気シェフがシャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」及び水なし自動調理器「ヘルシオ ホットクック」向けに独自メニューを開発(※対応機種はシャープHPを参照)。これをネット経由で発注すれば必要な食材(調味料込み。最適カットや下ごしらえ済み)が家庭に届き、ユーザーはこれをヘルシオに入れてボタンを押すだけで調理が完了するというもの。

 ユーザーが事前に用意するものは、できあがった料理を盛りつける皿のみ。面倒な温度設定や焼き時間の管理なども、すべてヘルシオが自動調理するため、シェフが考案し調理した通りの出来たての味を、失敗することなく自宅で堪能できるわけです。

食のIoT化によるバリューチェーン変革

 このサービスを聞いて最初に思い浮かんだのは、3Dプリンターです。3Dプリンターの発売初期にいわれたことは「近い将来、モノを買わずにデータを買うだけで商品を入手可能になる」ということ。このビジネスモデルが一般ユーザーへ浸透しているとは、まだいえませんが、これを食の世界でいち早くサービスとして具現化したのがヘルシオデリではないかと思ったわけです。

 シャープに限らず日本の家電メーカー各社はこれまで、電子レンジを用いた簡単調理のメニューを料理研究家や料理雑誌などとの提携で多数開発し、ホームページや専用ブックレットなどで提案してきました。年間40兆円以上ともいわれる“家食”マーケットを、ハード面からいかに取り込むかというビジネスでしたが、食材調達や下ごしらえなどは基本的にユーザーの役割。それを手間だと思うユーザーも少なくなかったはずです。

 ところがヘルシオデリは調理機器というハードだけでなく、料理キットの開発・宅配というコンテンツをも取り込んだ、家電メーカーとしてのまったく新たなビジネスモデルといえます。シャープによれば同サービスは「食のIoT化によるバリューチェーン変革」とのこと。

 これまでの食サービスの流れは、
●レシピ開発(シェフ)→調理(シェフ)→配送→食事(ユーザー)
 一方、ヘルシオデリは、
●レシピ開発(シェフ)→配送&レシピデータ配信→調理(ヘルシオ)→食事(ユーザー)

 ここでポイントといえるのは、料理で最も重要な「調理」工程の場が、料理店から一般家庭へとシフトしたこと。いわば擬似的なシェフの出張調理ともいえ、これによりユーザーは出来たてのシェフの味を簡単に楽しむことができます。

ぐるなび、タイヘイとのアライアンス

 同サービスを実現するためにシャープは“ぐるなび”と“タイヘイ”2社とのアライアンスを締結。ぐるなびが同社加盟料理店のレシピ開発を担当し、タイヘイが食材の調理・加工を担当します。

 ヘルシオデリについて、ぐるなびの久保征一郎社長は「お客様にとって画期的なだけでなく、外食産業にとっても大きなビジネスチャンス」と語り、次のように話しています。

 「外食産業はこれまでのようにイートインにだけにこだわらず、ケータリングや中食、内食などにも積極的に進出すべき。これによって自店の料理がより幅広いお客様に認知され、結果として自店への来店促進効果も期待できる。その意味でも非常に先進的な取り組みであり、これからの高齢化社会や働く女性の増加などを考えれば、このニーズは確実に増えるはず」

ヘルシオデリへの期待を語るぐるなび・久保社長

 シャープ、ぐるなび、タイヘイによるアライアンスは、過去の家電業界であれば考えにくかった顔ぶれ。しかし、「IoT」というキーワードが商品として具現化し、インターネット環境の整備が進んだ今となっては、各々の強みを活かす極めて自然なアライアンスのように思えます。

 ヘルシオデリがスタート段階で用意するメニューの紹介は同社HPを参照いただくとして、その価格は1メニュー(2~3人前)当たり3800円(税別/送料込み/北海道・四国・九州は別途税別300円必要)。食材は当面、発注した翌週の金曜・土曜の指定時間に届けられます。個人的には週末のプチ贅沢需要を刺激する、非常に面白い試みだと考えます。

 しかしながら同サービスが今後、どこまで浸透するかについては、最重要インフラといえるシャープ製ヘルシオ&ヘルシオホットクックがどこまで売れるかにかかっているわけです。逆にいえば、ヘルシオデリを使いたいがためにヘルシオを選ばせるというパワーを、同サービスがどこまで秘めているか、なのでしょう。キラーコンテンツになりうるのか、ということですが、その成否も含めて大変興味深い試みだと思います。(征矢野毅彦)