右旋&左旋。2分類されている4K・8K放送局左旋に属する放送局の視聴には
チューナー以外に専用インフラが必要

 2018年12月からいよいよ「4K・8K放送がスタートします。高精細で臨場感にあふれた映像が手軽に見られるとあって、楽しみにしている方も多いことでしょう。

 ただし、一般ユーザーの多くは、まだ4K・8K放送について正しい認知をしていないとのこと。これが業界関係者にとって、喫緊の大きな課題だとする声が少なくありません。

 例えば現在店頭で売られている4Kテレビについてです。これは正確には「4K対応テレビ」であり、その定義は「2K放送を受信でき、かつ外部から入力された4K映像信号を本来の画質で再現できる」こと。4K・8Kチューナーは搭載されておらず、その視聴のためには2018年夏以降に発売が予定されている4K・8Kチューナーを接続する必要があります。

 ところが、こうした基本情報でさえ、まだ僅かしか浸透していないようです。

 A-PAB(放送サービス高度化推進協会)の調査では、4K対応テレビのユーザーの中で、4K・8K放送を視聴するためには専用チューナーが別途必要であることを認知している人の割合は、1割ほどにとどまっているとのこと。この状況のまま、4K・8K放送が始まってしまえば、大きな混乱を招く可能性があるわけです。

 A-PABでは家電量販店との連携やイベントの強化などで、その認知率を高めるとしていますが、これはかなり重要なポイントでしょう。ともすれば「始まるぞ!」との宣伝ばかりが先行しがちですが、煽るだけでなく、視聴には何が必要なのかを、もっと冷静かつ声高に啓蒙する必要性を強く感じます。

どれだけ魅力的なコンテンツを提供できるか!

 個人的には、対応チューナーの問題と同じぐらい重要な啓蒙テーマとして、4K・8K放送局には右旋円偏波(右旋)と左旋円偏波(左旋)という二つのグループがあることの認知だと考えています。

 4K・8K放送の放送チャンネルは、表のように右旋と左旋の二つのグループに分類されています。そして問題は、それぞれを視聴するために必要となる受信インフラ(アンテナ、増幅器、分岐・分配機、壁面端子等)が異なっていることです。

 右旋の放送局は、4K放送対応チューナーさえ追加すれば、残りは既存システムのままで視聴可能です。

 ところが左旋の放送局を視聴するには、対応チューナーのほかに、アンテナ、増幅器、分岐・分配機、壁面端子等の受信インフラを別途で追加構築する必要があるのです。新放送の目玉と目される8K放送も左旋に分類されており、その視聴にはチューナー以外に新たな受信インフラの構築が必要です。

 そして仮にその構築を怠ったまま、対応アンテナのみを設置して左旋を受信した場合、電波干渉が発生して無線LANや携帯電話などの速度低下や通信不良などが発生する可能性があるといいます。

 さらには、電子レンジなどが発する電波の干渉を受けて、放送の受信不良が発生する可能性も否定できないとのこと。それだけに周知徹底をもっと強化すべきと思うのですが、今のところ非常に淡泊すぎるように感じます。

 A-PABでもそのことは認識しているようで「左旋の受信環境の普及を多面的に推進する」としていますが、現状ではそれほどの多面性を感じることはできません。これをぜひとも掛け声倒れに終わらせないことが、4K・8K放送を普及させるための大きなキーになるように思います。

 いずれにしても4K・8K放送の全チャンネルを視聴するためには、チューナー以外にも新たな受信インフラが必要なわけであり、このハードルは経済面でも、手間の面でも、決して低くはないでしょう。

 その現実的かつもっと有効な対策としては、魅力的なコンテンツの発信に尽きるでしょう。「そこまでコストをかけてでも見たい」と思わせるようなコンテンツを、どれだけ提供できるか、です。

 これについては11月末発行予定のシャニム61号に、ぜひともご期待ください。既存民放BS5社の4Kコンテンツ関連情報をレポートしています。まだ1年先の話であり、詳細までは決定していないようでしたが、少なくともその方向性はご理解いただけるのではないかと思います。(征矢野毅彦)