本田雅一のスペシャルレポート使用感を上質に演出「iPhone X」
そこにアップルの強さと凄味が!

ライター:本田雅一(フリージャーナリスト)

http://about.me/mhonda/


アップルがiPhone発売10周年という節目に、これまで発売してきたiPhoneの後継機種として用意したiPhone 8シリーズとは別に、プレミアムモデルとして用意したiPhone Xがいよいよ発売された。

iPhone Xは、従来のiPhoneに求められていた作法(フォーマットのようなもの)をリセットし、アプリなどの基盤サービス・要素を共有しつつも、ゼロベースで企画された端末だ。iPhone 8シリーズが“より進歩したiPhone”なのに対して、今の技術で再企画・設計されたiPhoneがiPhone Xだ。

従来の“縛り”を気にせず企画したことで何が変化したのか。

もっとも注目されているのは、顔の形状を認識して個人を特定する「Face ID」、及びその機能を実現している「深度計測技術」だが、筆者が実際にiPhone Xをテストして感じているのは、ユーザーインターフェイスに関して従来の制約を超えて、進化していく可能性だ。

これまで“あって当然”のホームボタン”を廃止したことで、ホームボタン相当の機能をジェスチャーで行うようになった。このことで、iPhoneを使う作法が変化した。画面下端から上方向へのスワイプが、ホーム画面を呼び出す操作になったためだ。

このことはiPhoneに慣れたユーザーにとって大きな負担になるかもしれない。そのように想像していたのだが、実際に使ってみると、むしろ進化するための伸びしろになっているのだ。タッチパネルのジェスチャー操作は、アイディアをソフトウェアで実装できるため、全体の操作性を損なわない範囲で柔軟に機能を形にしていける。

現在の基本ソフトiOS11においても、iPhone 8シリーズ以前とiPhone Xでは異なる操作性となっている部分が少しだけあるのだが、そこから派生して今後、もっと洗練されたジェスチャー操作の開発、あるいはiOS全体の操作スキーム調整などが入っていくのではないだろうか。

ホームボタン廃止は部品点数減少と、それによる故障・不良リスクの低減という利点もあるが、今後数年といったレンジで見た時には進化するためのヘッドルーム(伸びしろ)を生み出すのだと思う。

ホームボタンには戻れない

例えばホームボタンで変化したのが、タスクスイッチ(アプリの切り替え)だ。

従来はホームボタンのダブルクリックでタスクリストを出し、アプリのウインドウ一覧を見ながら、切り替えたいアプリを選択していた。

この操作はiPhone Xでは“下端からの上スワイプ+画面中央でのホールド”というジェスチャーに割り当てられている。ホームボタン相当の操作+真ん中で指をホールドする……ということなのだが、ちょっとわずらわしいと当初は感じた。

ところがiPhone Xは画面下端のエリアでシュッと左右に並行スワイプするだけで、次々にアプリが切り替わっていくのだ。ボタンのように、操作の目安となるハードウェアがないと誤操作しやすいと感じるかも知れないが、iPhone Xは本体前面のほとんどがディスプレイ+タッチパネルなので、端っこはそれだけで操作目標となり、ブラインド操作で楽々操れる。

同じように端っこを使っているのがコントロールセンターの呼び出し。従来は下端からの上スワイプだったが、右上端からの下スワイプでコントロールセンターを引き出すことができる。当初は逆方向操作への変更に戸惑うのではないか? と思っていたが、ものの10分も使っていれば慣れてしまった。

機能設定から“一般”“アクセシビリティ”を選び「簡易アクセス」をオンにすると、Touch IDセンサーのダブルタップで行っていた、画面上部が下がってきて片手操作でも親指を届かせる機能を、画面下端の下方向フリックで行えるようになる。

このようにフリックやスワイプ、タップ、タップ&ホールドなどを、親指が届きやすい範囲で実装することで、トータルの操作性がかなり軽快になった。

こればかりは言葉よりも体験。実際に使い慣れてみないと実感できないだろうが、その改善幅は意外に大きい。一度使い始めたら、もうホームボタンには戻れないと思うほどだ。

Face IDの評価には少し時間が

一方、話題のFace ID。ネットでは「双子ではどうなる?」「マスクを付けても大丈夫?」など様々な実験が行われている。双子の場合、違いを認識できない場合もあり、またマスクを装着していると本人と認識できない……こともある。

“こともある”というのは、認識に失敗したあとにポップアップするパスワード入力画面で正しいパスワードを入力、ロックを外していると、iPhone X自身が機械学習を続けていき、認識精度を高めてくれるからだ。

マスクを使ったり顔の下半分を手で隠す実験でも、繰り返しパスワードでロックを外していると、マスクをしていても本人だと認識するようになる。

その評価が確定するまでには少し時間や小改良が必要かも知れないが、赤外線を用いた深度センサーによる形状認識機能には、単に個人認証を行う以上の価値がありそうだ。

iMessengerで利用できるAnimojiは、その応用例の一つ。機能はアプリにも公開されており、自撮り写真やビデオで顔にフェイスペインティングを施す機能がチャットアプリのWeChatに組み込まれている。

今後、対応アプリはもっと増えていくだろうが、現時点でもっともこの機能を上手に使っているのはiOS自身だ。

発表当初のFace IDといえば、ロック解除に顔が使えるという部分にばかりフォーカスが当たっていたのだが、この機能はTouch IDに対応していたすべてのアプリ、機能をFace IDで置き換えた……と表現する方が正しいだろう。

例えばFacebook認証を用いるアプリやサービスがFacebookの認証ページを呼び出すと、即座にFace IDで操作している人物の顔を認識。正しければ、そのままIDとパスワードが入力される。

Touch IDとの違いは操作している人物が持ち主であれば、なんの特別なアクションも必要ないことだ。Face IDが動作していることを示すアニメーションが画面中央に表示されなければ、そもそも個人を識別していることさえ気付かないかもしれない。

アプリ購入や課金の認証、音楽や映像作品の購入、Apple Payでの認証などはすぐに思いつくだろうが、実はiOSそのものの“振る舞い”にFace IDは使われている。

機能設定で「Face IDとパスコード」を開くと「画面注視認識機能」という項目がある。これをオンにしていると、画面を暗くしたり通知音量を小さくするといった「そろそろ寝ようかな?」とiPhoneが思いはじめる前に、画面が注視されているかどうかを確認してくれるのだ。

このため文書を読んでいるとき、不意にスリープに入ることがなくなる。同じような機能はGセンサーを用い、手に持っていることを認識してスリープに入らなくする機能もあったが、こちらは実際に画面を見ているか否かで判断しているため、ホールドの状況とは関係なく判断できるという点でより優れている。

工芸品のような作り

もちろん、iPhone Xはもっとも高価なiPhoneシリーズであり、その仕上がり精度は驚くばかりだ。ステンレスフレームとプラスティックパーツ、ガラスの合わせ目は、その接合部をほとんど意識させないほど。まるで工芸品のような作りだ。

ディスプレイに関しても、これまでのOLEDディスプレイが色再現域の広さを派手な絵作りに使っていたのに対し、iPhone Xは正しい色再現を主眼として、Webコンテンツなどのカラーマッチングや内蔵カメラにおける広色域活用といったトータルの色管理システムを構築し、鮮やかかつ自然な表示を実現している。

ディスプレイに関してはiPhone 8も同等の完成度に仕上がっているのだが、液晶とOLEDでは、同じ色再現スペックでも実際に表示できる色はOLEDの方が多い。液晶はバックライトの光漏れがあるため、暗部の色再現域が狭い上、色相のズレも大きくなる特性があるからだ。

そうした難しい話を抜きにしても、パッと見てその美しさ、コクのある発色と自然な風合には高級機ならではの納得感がある。これはTrueToneという6チャンネル光センサーを用いて、表示色温度を周囲の照明環境とマッチさせる機能も大いに貢献している。

新製品というと、とかく新機能に目が行きがちだ。もちろん、それも大切な部分ではあるが、上記のように使用フィーリングを上質に演出できるところにこそ、アップルの強さ、凄味があるのかもしれない。