宅配ボックスの実証実験・結果発表/パナソニック再配達率は43%から15%に激減
ボックス大型化でさらなる減少が可能に

 パナソニックは京都で行った宅配ボックスの実証実験「京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト」の結果を報告。再配達率が43%から15%まで激減したと発表しました。

 これは京都産業大学・京都市と連携して行ったもので、実験期間は2017年11月から2018年1月まで。パナソニック製のアパート用宅配ボックス「COMBO Maison(コンボメゾン)」39台を京都市内5カ所のアパート(105世帯)に設置し、他にも京都産業大学キャンパス内に公共用の宅配ボックスを設置して行ったもの(同実験の詳細は こちら まで)。

 ここでポイントといえるのは「大学の街・学生の街」と呼ばれ、総人口の約1割・15万人もの学生が集う京都市で実験を行ったことでしょう。今の学生にとって通販による買い物は当たり前。しかも、授業やアルバイトで部屋を留守にすることが多い層でもあるだけに、再配達の問題は一般都市以上に深刻化。再配達の減少実験には最適の街といえます。

 結果は冒頭で述べたように、設置前には43%あった再配達率が一気に15%まで減少。これは学生たちの利便性を高めると同時に、CO2排出量の削減効果(▲約105kg)や宅配事業者の業務時間削減効果(▲約50時間)などの副次的効果にもつながったとのことです。

15%が再配達となった理由

 さらに注目すべきは宅配ボックスの設置がありながらも、15%が再配達となった理由です。その主なものは、
 ●荷物が大きすぎて入らなかった:7.7%
 ●冷蔵品であった:1.7%
 ●ボックスがいっぱいだった:1.7%
 ●使い方が不明だった:0.85%

 つまり再配達の理由の半分は大きさの問題であり、これはより大型の再配達ボックスを設置することで容易に解決が可能ということです。この結果を踏まえてパナソニックは、COMBOシリーズの新製品として「大きめの容量を確保したミドルタイプ」を4月に発売開始するとのこと。このあたりのスピーディさが、今のパナソニックの持ち味といえるのでしょう。

 同プロジェクトのリリースには、実験に参加した宅配ボックス利用モニターの意見も紹介されています(いずれも抜粋)。

 「再配達の依頼は手間であり、ストレスを感じていた。しかし宅配ボックス設置後はストレスを感じることがなくなった」
 「通販を利用する機会が増え、気軽に外出できるようになった」
 「再配達の時間設定は2時間毎で、待っている時間がもったいない。宅配ボックスのおかげで時間を有効活用できるようになった」
 「もう少し大きいサイズのボックスが1~2個あったら、さらにうれしい」
 「宅配事業者が部屋まで来てチャイムを鳴らす手間は減っていない。その手間を減らすさらなる工夫があるとよい」

 個人的には宅配便が時間指定配達を開始した当初、すごいサービスが現れたものだと感激しましたし、2時間ごとに指定できる便利さを素直にありがたいと思ったものです。しかしながら、それが当たり前になった今は、その2時間ですら「不便さやストレスを感じさせるものでしかない」というわけです。

 このことを立証するかのように、昨年10月にパナソニックが賃貸住居居住者675名に行ったアンケート調査では、家賃が上がっても欲しい設備の第1位は「宅配ボックス」だったとのこと。「そこまでして?」と思ったのは、筆者だけではないはず。

 こうしたアンケートの場合、かつてであれば駐車場やバスルーム、エアコンなどが1位を占めていたもの。ところが時代が変わり、(少なくともこのアンケート結果では)学生などの若年層にとっては通販が、中高年の想像以上に重要度の高い必需サービスとなっており、しかもその受け取りを可能な限り効率的に行いたいというニーズが顕在化してきているわけです。そのことの是非はともかく、現実がそうである以上、宅配ボックスをはじめとした再配達を減らす試みは、今後ますます重要度を増すことになるはずです。(征矢野毅彦)