スタンドアロン型VRヘッドセット「Mirage Solo」を発売/レノボエンタメのみならず「B to B」を視野
コンテンツ拡充でVRの普及を加速へ

 レノボ・ジャパン(以下レノボ)が、スタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ「Lenovo Mirage Solo」の国内での発売開始を発表しました。

 Mirage Soloは今年1月にCES 2018で発表され、その際、一足先に試用させてもらったのですが、何より驚かされたのは高度なVR画像再生を、これ1台で完結させていること。VRヘッドマウントディスプレイといえばこれまでは、先端にスマホを装着したり、パソコンなどとケーブル接続したりという組み合わせが当たり前。

 しかし、Mirage Soloはまったくのスタンドアロン。これによりユーザーの動きの自由度が、大きく高まっていることが魅力といえます。GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応しており、同型式のVRコンテンツであれば、どんなものでも再生可能です。

 さらにもう一つの大きな特徴は、頭部の動き以外に“前後”“左右”“上下”の移動を検知できるポジショントラッキングに対応した「WorldSense」を搭載している点です。これはGoogleが開発した位置トラッキング技術。「インサイドアウト方式」を採用しており、ヘッドマウントディスプレイ前面に搭載されたカメラセンサーでユーザーの位置を検知するものです。

 今までの非スタンドアロン型デバイスでは、検知のためのセンサーを別途設置するがあり、それらと接続されたケーブルがユーザーの動きを制限していました。しかし、Mirage SoloはWorldSenseの搭載により、スタンドアロンでVRを再生できるだけでなく、ユーザーは無限に広がるVR空間をケーブル類に制限されることなく、自由に歩き回れるわけです。

 レノボによれば「スタンドアロン型で、Daydream対応&WorldSense搭載のVRヘッドマウントディスプレイの商品化は世界初」とのこと。価格も税別5万1200円(Web直販予定価格)に抑えられており、VRの一般家庭への普及が大きく期待できる戦略商品といえるでしょう。

VRの「B to B」活用を本格的に支援

 ただし、VRが普及するためにはコンテンツの拡充が不可欠ですが、こちらもすでにGoogleプレイストアに250以上のVRコンテンツが用意されていたり、GoogleフォトやYou Tube VRコンテンツの再生にも対応するなど、急速に拡充されつつあります。

 またレノボはアジア最大級の短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」とのコラボレーションを決定。同フェスに新設される「VR SHORTS」の視聴用デバイスとしてMirage Soloを提供。さらには同フェスが厳選したVR作品12本を、Mirage Solo購入者に特別価格でレンタルする期間限定キャンペーンを計画しています。

 レノボのVRコンテンツ戦略で特徴的なことは、B to CだけでなくB to B市場を視野にしていることでしょう。Mirage Soloと同時発表した、180度の広角映像が撮影できる「Mirage Camera」を活用することで、法人毎に必要とされるコンテンツを、簡単に作成可能としています。すでに建設会社や食品メーカー、高齢者支援施設などが独自コンテンツの作成をスタートしているとのこと。

 VRコンテンツといえばこれまでは、ゲームなどのエンターテインメントが中心。これはこれで大きなマーケットに成長するはずですが、その一方で法人市場での活用が広がることにより、VRはより多くのユーザーにとっての身近なテクノロジーとなりそうです。(征矢野毅彦)

【主な仕様】
プロセッサー:Qualcomm? Snapdragon? 835
ディスプレイ:WQHD 2,560 x 1,440 LCD, 視野角110°
メモリー:4GB
ストレージ:64GB
インターフェース:USB Type-Cポート、ヘッドフォン・ジャック、microSDカードリーダー
ワイヤレス:IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.0
バッテリー駆動時間:約 3時間(4,000mAh)
本体寸法:約 269.5×204.01×179.86mm
本体質量:約 645g
同梱品:モーション・トラッキング・コントローラー、イヤホン、ACアダプター
Web直販予定価格:51,200円(税別)
発売日:2018年4月24日(予約販売)、2018年5月11日(店頭販売)