緊急レポート 2018年12月1日スタート「4Kテレビ放送」視聴のために必要な
受信設備はコレだ!!

概要

フルHDの4倍の高解像度

2018年12月1日、いよいよ「4Kテレビ放送」がスタートする。4Kとは放送の映像解像度を示したもので、現行のフルHD放送は、1920×1020画素なので「2K」だ。

これに対して4Kは3840×2160画素(フルHDの4倍の画素)という高解像度で放送される。これによるかつてない高精細映像が、自宅やオフィスなどで簡単に楽しめるようになることが大きなポイントである。

しかも、4Kテレビ放送は、表示できる色域も拡大され、より鮮やかでリアルな色再現が実現する。これは「BT.2020」という新たな放送規格を採用しているからで、同規格はヒトが識別できる色のほとんどをカバーできるという広色域規格である。

同時に「HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)」という高輝度規格も採用している。これは肉眼で見た場合と同等の明るさを、放送で再現するもの。既存の地デジ放送などでは明暗表現の幅が最大100nit(輝度の単位)だったが、HDRはその幅を理論上は最大1万nitに拡大。実際の放送でも明暗差は、1000~3000nit程度まで再現できる。

4KコンテンツはフルHDとの比較で、映像のリアリティに格段の違いがあるといわれるが、それはこうした最新の映像技術の採用によるものである。

これらの技術は一足早く、4K動画配信サービスやUHD Blu-rayでも採用済みなので、すでに体験済みの方も少なくないだろう。そして4Kテレビ放送は、これと同レベルのリアルな高精細映像を、民放キー局については無料で見られることが、大きな魅力といえる。

受信のためのシステム2タイプ

ただし、ここで注意すべき点は、過去に発売されてきた4K対応テレビだけでは、4Kテレビ放送を受信できない、ということである。

2018年5月31日現在で、発表されている4Kチューナー内蔵テレビは、東芝のX920、BM620X、M520Xの3シリーズのみ(2018年6~7月発売開始予定)。現段階で、上記以外の4Kテレビユーザーが4K放送を受信するには、4Kチューナーなどの追加設置が必要となる。

図1と図2は、そのためのシステムを表したもの。なぜシステムが二つなのかというと、4Kテレビ放送の放送局は使用する電波で、右旋波と左旋波に分類されているからだ。

■図1 4K放送「6チャンネル」受信システム

出典)東芝映像ソリューション(株)説明資料より抜粋

 図1は右旋波の放送局のみを受信するシステムだ。こちらは非常に簡素で、現行BS/CSアンテナ設備を流用したまま、ここに4Kチューナーを追加設置するだけで6チャンネルの4K放送の受信が可能になる。

ここにはNHK並びに民放5キー局が名を連ねており、NHK以外は無料で4Kコンテンツを楽しむことができる。まずは4K放送の実力を手軽に試してみたい、というユーザーに最適のシステムといえるだろう。

 

 

■図2 4K放送「18チャンネル」受信システム

出典)東芝映像ソリューション(株)説明資料より抜粋

これに対して図2は、右旋波と左旋波の両方の4K放送を受信するためのシステムだ。ここでは4Kチューナー以外に、「SHマーク」の付いた新しいアンテナ設備を用意する必要がある。

図1よりもコストはかかることになるが、視聴可能な4K放送が一気に18チャンネルにまで拡大。特にWOWOWやスカパーといったエンターテイメント性に優れた放送局が名を連ねているだけに、4K映像をとことん楽しみたいというユーザーには最適のシステムといえる。

なお、図2のケースでアンテナのみを新しいものに交換し、他の設備は流用したまま4Kチューナーと組み合わせて左旋波を受信した場合、電波干渉が発生して無線LANや携帯電話の速度低下、通信不良が発生する可能性があるという。

また、電子レンジなどが発する電波の干渉を受けて、放送の受信不良につながる可能性も否定できないとのこと。せっかくの高画質コンテンツを存分に楽しむためには、やはり正しい受信システムの構築が不可欠といえる。

日本初!BS/CS 4Kチューナー

一足飛びに4Kチューナー内蔵テレビへと買い換えるのであれば、難しい問題はない。だが大半のユーザーにとって、4Kテレビ放送は当面、現在使用している4K対応テレビを流用するケースが多いのではないだろうか。

そこで注目できるのが、東芝が5月8日に発表したBS/CS 4K録画対応チューナー「TT-4K100」だ。発売開始は2018年秋とまだ少し先だが、そのスペックや想定価格などの詳細はすでに明らかになっている。

まず市場想定価格は4万円前後。本文図1のシステムを構築する場合、約4万円の支出だけで、4Kテレビ放送の本格的な視聴環境を整えられるわけだ。

しかも、4K録画に対応している。別売りのUSBハードディスクを接続すれば、容量2TBで約129時間の4K番組を録画可能だ。放送時間にしばられることなく、4K放送を満喫できる。

また、BS/CS 4Kチューナー以外に、地デジチューナーとBS・110度CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載。すべて録画可能であり、視聴中の裏番組録画にも対応している。

本文で解説したBT.2020やHDRも採用しており、4K放送の魅力を余すことなく再現できる。

日本初!BS/CS 4Kチューナー
東芝 TT-4K100