重さ900g! 持ち運べるモバイルディスプレイ/アイ・オー・データ15.6型ワイド液晶「LCD-MF161XP」
外出先でマルチディスプレイ環境実現

アイ・オー・データ機器が、面白い商品を発表しました。薄さ約9.8mm/重さ約900gのモバイル向け15.6型ワイド液晶ディスプレイです。手軽に持ち運べるディスプレイはオフィスや外出先でのパソコンワークに役立ちそうです。

モバイルを意識したスペックと機能

●15.6型モバイル向けワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF161XP」
型番 LCD-MF161XP
パネルタイプ TFT15.6型ワイドLED/IPSパネル/非光沢パネル
最大表示解像度 1920×1080
表示面積 H344.16×V193.59
最大表示色 1619万色(疑似フルカラー)
視野角 上下170度/左右170度
最大輝度 220cd/㎡
コントラスト 700:1
応答速度 25ms(オーバードライブレベル2設定時:6ms[GTG])
本体サイズ 約W380×D236×H9.8mm(突起部含まず)
質量 約0.9kg

上記のスペック表の通り、モバイルディスプレイ「LCD-MF161XP」は15.6型ワイド画面で、フルHD(1920×1080ピクセル)表示に対応し、ビジネスで使いやすいようノングレア(非光沢画面)を採用。視野角は上下左右とも170度、最大輝度220cd/㎡のIPSパネルの採用により、モバイルではありますが一般的な液晶ディスプレイと同等の視聴性能が実現されています。

インターフェイスには、USB Type-CとminiHDMIを搭載(それぞれ1端子)。USB Type-C(ケーブルは別売)経由での接続なら、映像出力と給電をケーブル1本で行うことができます。miniHDMIで接続(HDMIケーブルは同梱)する場合は、付属のACアダプターを使用します。

●LCD-MF161XPのインターフェイス。薄さ約9.8mmのサイド側に搭載されている

単に持ち運べるだけでなく、画質性能にこだわった点も本機の特徴といえそうです。動画や画像を拡大表示した際に生じるボケを改善し解像感をアップさせる「超解像技術(10段階設定)」、鮮やかさを利用シーンやコンテンツに合わせて補正できる「エンハンストカラー」、閲覧するコンテンツに合わせて最適な映像表示が行える「画面モード」といった機能を搭載。さらに、液晶ディスプレイでの作業で目の疲れの原因といわれるブルーライト(青色光)を低減させる「ブルーリダクション」機能も備えています。

また、折りたたむことでスタンド替わりになるキャリングケースが同梱されており、角度調節(25度/36度/57度の3段階)が可能といった点は、モバイルでの活用を強く意識してのことでしょう。

モバイル環境でパソコン作業を快適に

パソコン作業を行う上で、液晶画面の大きさが生産性に直結することは周知のことと思います。画面の表示スペースが広いほど、確認できるファイル数が増えるので閲覧性は高まり、ウインドウを切り替える手間やストレスは削減され、思考の中断を防ぐことにもつながります。実際、大型ディスプレイやマルチディスプレイの導入により生産性や作業の効率化がアップすることは、大学や研究機関などによる調査結果でも報告されているといいます。

しかし、ビジネス現場ではタブレット端末の浸透やノートPCの小型化などにより、ディスプレイの作業スペースは狭くる傾向が見受けられます。特に、出張先や日々の営業で持ち歩くパソコンやタブレットは小型軽量モデルの方が便利です。

とはいえ、個人的には出張先や出先で作業をする場合に、「もう少しディスプレイが大きければ」と感じることが多々あります。だからといって15.6型ノートPCを出張先や日々の営業で持ち歩くのは疲れます。

この点、持ち歩くことをコンセプトとしたアイ―データ機器のLCD-MF161XPは、スーツケースなどに入れておき、出張先のホテルで小型ノートPCと接続してマルチモニター環境により快適に作業を行うといったことが可能です。

ホテルではミラキャスト機能を搭載したアダプターを介して、テレビと接続するという方法もあります。使う側の好き嫌いにもよりますが、個人的には固定された大画面テレビよりも、そこそこの大きさを持つLCD-MF161XPのような専用ディスプレイの方が何かと使いやすいのではないかと感じます。もちろん、そのためには900gといえども、持ち運ぶ必要性はあります。好みの分かれるところでしょう。

この他、少人数での打ち合わせやプレゼンテーションなどであれば、閲覧ツールとしてプロジェクター替わりに活用することもできそうです。いずれにしても、モバイルディスプレイはアイデア次第でさまざまな活用が考えられるのではないでしょうか。(長谷川丈一)