4K録画&ダビングに対応/パナソニック「ディーガ」4Kチューナー内蔵BDレコーダー「DMR-SUZ2060」
スマホ連携を強化。動画、音楽、録画番組を出先で再生

想定売価13万円前後。2018年11月16日発売開始

 パナソニックが業界で初めて、4Kチューナーを内蔵したブルーレィディスク(BD)レコーダー「DMR-SUZ2060」を発表しました。発売は2018年11月16日、市場想定価格は13万円前後となるようです。

 内蔵するHDDの容量は2TBで、搭載するチューナーは3系統。うち1系統がBS/110度CS4Kと地デジ&BS/110度CSデジに対応しており、残りの2系統は地デジ&BS/110度CSデジ対応になっています。

 SUZ2060の最大の特徴といえば、やはり12月1日から始まるBS4Kテレビ放送を、そのままの画質(4KDRモード)でハードディスクに録画できることでしょう。そして、その録画した4Kコンテンツを、そのままの画質でBDにダビングできることです。4K放送の録画とダビングの両方に対応したレコーダーはSUZ2060が初めてとのこと。

 4Kチャンネルの多くが「ダビング10を採用する」といわれており、BDへのダビングは最大で10回までとなりそうです。なお、4K放送録画時に残りの2チューナーを使えば、地デジやBS/110度CSデジの2番組を同時録画することも可能です(BDにダビングした4Kコンテンツは当面、SUZ2060のみでの再生に対応。パナソニックでは今後、再生確認情報をサポートページで公開する、としています)。

 また、SUZ2060は4K放送の再生・録画・ダビングのみならず、様々な4Kコンテンツに対応していることも特徴です。

 例えば次世代のBD規格「U-HDブルーレイ」に対応しています。また、Netflixやアマゾン・プライム・ビデオ、dTV、YouTubeなどのインターネット4K/HDR動画配信も再生可能です。4Kコンテンツについては現状、放送よりもパッケージや配信の方が充実しているだけに、その対応も万全といえます。これらの4Kコンテンツを、独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」で処理することで。より鮮度が高く自然な質感の4K映像として再生可能になっています。

テレビを選ばない「自動映像フォーマット切り替え」

 さらに、個人的に見逃せないポイントだと思ったことは、さまざまなテレビに接続できる「自動映像フォーマット切り替え」に対応していることです。SUZ2060と組み合わせるテレビは、最新のパナソニック4Kビエラが望ましいことは確かですが、パナソニック以外の他社製テレビに対しても、4K/HDR(HLG)で送られてくる4K放送番組を、接続したテレビの能力に応じて、最大限の高画質で見られるように、自動変換してHDMI出力してくれます。

 例えばHLG方式に対応していない4K/HDRテレビと接続した場合はHDR10方式に自動変換するので、コンテンツが含有しているコントラスト表現が損なわれることはありません。また、HDR非対応テレビやフルハイビジョンテレビの場合でも、2K解像度やSDRに自動変換してHDMI出力するので再生可能です。一部には4Kコンテンツを2K画質にダウン変換して再生することの賛否もあるかもしれませんが、少なくともBDレコーダーとして、接続するテレビを選ばず、信号変換のための面倒な操作も不要であることは確かです。

 4Kコンテンツにフル対応のSUZ2060は、現状でBS/110度CS放送を視聴できる環境にある4K対応テレビならば、これ1台を接続するだけですぐに(2018年12月1日~)、BS4Kテレビ放送を受信できます。正確にいえばBS右旋で放送されるBS朝日、BSジャパン、NHK SHV 4K、BS-TBS4K、BSフジ、BS日テレ(※1)の6チャンネル。これ以外のWOWOWやスカパーなど左旋に属する4K放送を視聴するには、SUZ2060以外に専用のアンテナや周辺機器への変更が必要になります。

 ここまで4K関連の機能を見てきましたが、SUZ2060はスマートフォンとの連携機能が大幅に強化されている点も見逃せません。専用のスマホアプリ「どこでもディーガ」をダウンロードすれば、以下のような機能が簡単に操作できます。

 ●外出先からスマホ録画予約
 ●外出先でのスマホ番組視聴(録画番組※2、放送中の番組)
 ●スマホで撮影した写真・動画のSUZ2060への転送
 ●HDDに取り込んだCD楽曲のスマホ再生
 ●
etc.

 これらはパナソニックが「おうちクラウドディーガ」として従来から積極展開しているホームサーバー機能ですが、SUZ2060はその機能を持つモデルの最上位機種としても居続けられています。4Kの高画質のみならず映像や音楽を、場所を選ばずに楽しめるモデルとして、幅広いユーザーにマッチするのではないでしょうか。(征矢野毅彦)

※1)2019年12月放送スタート。
※2)4Kテレビ放送のスマホでの録画予約・視聴には非対応。