商品研究商品研究1 ビジネスプリンター

製品紹介

中小企業のセンター機に好適!低TCOのLEDモデル
COREFIDO MC843dnwv

●シンプル構成で導入はプリンター感覚

プリント/コピー/スキャンのコア機能を、LED方式特有の小型筐体に搭載。複合機のような仰々しさがなく、プリンター感覚で導入できる。基本性能をFAX搭載の上位モデル「MC863/MC883」シリーズから継承しており、優れたコストパフォーマンスも魅力。本機をセンターマシンにサブ機の併用で、文書業務の大幅効率化につながる。

●保守コストと手間を大幅削減

「5年間無償保証」と「メンテナンス品5年間無償提供」の5年間長期無償保証(*1)が適用され、導入から5年以内に発生した故障修理や寿命を迎えたメンテナンス品の提供が無償となる。また、不具合時にセルフメンテナンスを分かりやすく徹底サポートする無償サービスにも対応。保守費用の削減、ダウンタイムが原因の業務停滞の防止など、複合機のビジネス活用に伴う不安を解決できる。

●印刷コストと管理の負担を軽減

電子写真方式としては、経済的な印刷コストが実現されている。増設カセットのセットモデルであり、多段トレイに標準で2170枚を収納可能。大量の文書出力が必要な用途にも余裕を持って対応できるモデルだ。
商品スペックなどの情報はこちら

大容量インクタンク搭載!手間もコストも大幅削減
エプソン EW-M5071FT

●印刷コストもインク切れの心配も無用

大容量インクタンクを搭載したビジネス向けモデルだ。購入時にインクボトルが同梱されているため、導入コストは高いが、印刷費用は1枚あたりカラー約0.8円/モノクロ約0.4円。TCOの視点で見れば、大幅なコストダウンとなる。一度のインク補充でモノクロなら6000ページを印刷。月500枚なら、1年間はインク交換が不要となる。

●耐久性はビジネス仕様

耐久枚数は約8万ページ(普通紙での総印刷枚数)。1カ月あたり約1300枚(装置寿命5年として算出)の出力ボリュームに対応できる仕様である。フロント2段の用紙カセットや排紙トレイ、操作パネルといった駆動負担が大きいパーツは壊れにくい設計が採用されており、多人数で酷使するような環境にも安心だ。

●用紙サイズはA3ノビまで対応

トンボ付きのA3原稿を縮小することなく印刷できるA3ノビサイズまでの印刷に対応しているので、カタログなど校正、チラシや教材の作成、封筒印刷(角型2号まで対応)といった幅広い用途で活用できる。自動両面プリント、自動両面コピーやスキャンもA3に対応しており、A3原稿をフル活用できる。
商品スペックなどの情報はこちら

耐久枚数15万枚!ビジネス仕様の大容量インク機
ブラザー FIRST TANK MFC-J6997CDW

●大容量インクカートリッジに対応

本機は、ブラザーがインクジェット複合機&プリンター「PRIVIO」ブランドの新シリーズとして投入した大容量インクモデル「FIRST TANK」のA3対応機だ。カラー約5000枚/ブラック約6000枚を印刷できる大容量インクカートリッジが採用されており、インク交換の手間が大幅に削減されている。

●変わらぬ使い勝手

大容量インクモデルではボトルタイプが主流の中、カートリッジ方式により大容量化を実現したことが大きな特徴である。「手が汚れそう」「インクをこぼしそう」といったイメージが持たれているボトルタイプに対して、従来と同じカートリッジ方式なので使い勝手は何も変わらない。先行発売されたA4機でも、この点で評価が高い。

●規模の大きいなオフィスでも使える高スペック

インクには普通紙印刷に強い全色顔料ベースを採用している。さらに、15万ページの高耐久と2段カセットと多目的トレイによる600枚給紙など、ヘビーユースにも耐えるスペックを実現。もともとPRIVIOのビジネス向けモデルが強いSOHOや小規模事業者はもちろん、印刷枚数の多い50名規模のオフィスにもお勧めだ。
商品スペックなどの情報はこちら

特大容量タンク搭載!インク交換と購入の手間削減
キヤノン G3310

●ブラック約6000枚、カラー約7000枚

特大容量タンクを搭載したキヤノンの大容量インクモデル「G」シリーズの複合機だ。インクボトル各色1本でモノクロプリント約6000枚、カラープリント約7000枚の大量出力が可能。機器本体に搭載されたインクタンクも特大容量タイプなので、一般的なカートリッジ方式と比べて面倒なインクの交換頻度が少なくて済む。

●4色ハイブリッドインクを同梱

購入時、3色のカラー(CMY)インクボトルと使用頻度の高いブラック(BK)インクについては2本のボトルが同梱されており、インク購入の手間がかからない。CMY染料とBK顔料のハイブリッドインクなので、カラーは鮮やかに、モノクロはくっきりとした印刷品質が特徴。カラー/モノクロとも1枚あたり1円以下の低ランニングコストも魅力だ。

●モバイルやクラウド連携にも対応

ネットワーク接続は無線LAN経由。専用の無料アプリ「Canon PRINT Inkjet」によりスマホやタブレットからのダイレクト印刷が可能だ。また、各種クラウドサービスとの連携を実現する「クラウドリンク」に対応。SNSや写真共有サイトから画像や文書を印刷できる他、スキャン画像をオンライン上に保存して共有できる。
商品スペックなどの情報はこちら