4Kチューナー内蔵テレビを発表/パナソニック液晶ビエラの最高峰「GX850」シリーズ
ネットの4Kコンテンツ再生機能も充実

 パナソニックがいよいよ4Kチューナー内蔵液晶テレビを発表しました。ビエラ「GX850シリーズ」4機種とビエラ「GX750シリーズ」2機種で、いずれも1月25日からの発売開始です(43GX850のみ2月22日)。

 GX850はビエラシリーズにおいて、液晶テレビのフラッグシップに位置づけられるモデルで、画質、音質、機能などでトップクラスの評価。価格は65型が約33万円、55型が約25万円、49型が約19万円、43型が約17万円(いずれも税別の市場想定売価)です。

 内蔵する新4K衛星放送チューナーは1基。既存BSデジタル放送の受信アンテナにつなぐだけで、すぐに新4K衛星放送番組を視聴できます。別売りの外付けハードディスクにも対応しており、4K放送の録画も可能。また、地上/BS/110度CSデジタルチューナーも3基搭載しており、2K放送のW録画にも対応するなど、放送コンテンツを様々な形で楽しむことができるモデルです。

GX850は“マルチ4Kコンテンツ”再生マシン

 4Kコンテンツの再生端末としてGX850が素晴らしいと感じる点は、プリセットされている動画配信サービスアプリの充実ぶりと、その操作の簡単さです。AbemaTV、Netflix、Amazonプライムビデオ、dTV、YouTube、4Kアクトビラ、ひかりTV4K、デジタルコンサートホール等々に、リモコンでワンクリックするだけですぐにアクセス可能(別途契約が必要)。これらの配信サービスは、いずれも4Kコンテンツを急速に拡充させているだけに、4Kチューナーの搭載と合わせてGX850の高画質をフルに、しかも簡単に楽しむことができます。

 一方、画質で特筆できることは「AI HDRリマスター」の搭載でしょう。これはAIにSDR映像とHDR映像のデータベースを機械学習させ、その学習データをもとに最適な画像処理を実施。地デジ放送などのSDR映像をHDR映像のようなハイコントラストな映像に変換して視聴でき、疑似4Kの世界もハイレベルに楽しめます。

 しかも、前モデルで定評のあった「Wエリア制御」を進化させ、さらなるコントラスト感の向上を実現したことも、GX850の大きなポイント。これはLEDバックライトの分割制御と、信号処理によるち密なコントラスト処理をダブルで行うことにより、高いコントラスト感と、明暗の表現力とを両立させたもの。特に強い日差しやイルミネーションなどが輝くようなシーンで、表現力が一段と高まっています。

 その一方で、4Kコンテンツの再生では欠かせない音質面も強化されており、最新音声フォーマット「ドルビーアトモス」に対応。これは映画館でも採用されている音響システムで、音の広がりが左右だけでなく、高さ方向にも広がる立体的なサウンドが特徴。GX850はこれを、テレビ本体のスピーカーのみで簡単に再現しています。

 音響の軸となる音響システムには、最大出力30Wの「ダイナミックサウンドシステム」を搭載。映像と音声の回路を分離しており、低ノイズ・低歪みを実現したオーディオ専用回路と、ハイエンドオーディオにも採用のバインアンプ駆動により、パワフルなサウンドを実現しています。

 パナソニックが4Kチューナー内蔵テレビを発表したことで、4K市場もようやく役者が揃ってきたという感じでしょうか。個人的にはパナソニックは、新4K衛星放送が始まる前にチューナー内蔵テレビを発表するものと思っていました。ところがそのタイミングでは、チューナーやブルーレイレコーダーの発売のみに留めたのは、ある意味パナソニックらしいのかもしれません。

 というのも、かつての3Dテレビブームの際も、パナソニックは3Dだけをことさらアピールすることはなく、「3Dはあくまでテレビの機能の一部。そこだけ大きくアピールすることはしない」というクールなスタンスだったからです。今回の新4K衛星放送についても同様で、新4K衛星放送はコンテンツの一部という感じなのかもしれません。

BSデジ契約があれば、新たな受信料や契約は不要

 ところで、昨年12月1日にスタートした新4K衛星放送に関しては、まだ誤解が多いようです。そのさいたるものは、「新たな受信料がかかるのか」や「新たな視聴契約が必要なのか」ということ。これについては、少なくともBS右旋で放送する6局(NHK、及び民放キー5局)に限れば、受信に関する新たな費用はかからず、別途の契約も不要です。

 NHKの受信料については、既存のBSデジタル契約を結んでいれば、その受信料の中に4K(及び8K)も含まれています。同契約を結んでいるのであれば、NHKは4Kを重視した番組制作を精力的に行っているだけに、それを視聴できる環境を整えないのは非常にもったいないと思います。

 GX850のような4Kチューナー内蔵テレビへの買い替えがベストですが、これは個々のテレビ買い替え時期の問題もあるでしょう。一足飛びに買い替えなくとも、BSデジタル契約中の4K対応テレビ・オーナーであれば、そこに単体の4Kチューナー/レコーダーを追加設置するという選択肢もあります。追加設置するだけで、前記した右旋6局の4K番組はすぐに視聴可能。単体4Kチューナーは概ね2万円台から用意されており、それほど大きな投資は必要ありません。まずは最小限の負担で、新4K衛星放送を楽しむ環境を整備してみてはいかがでしょうか(ケーブルテレビについては、各社によって新4K衛星放送への対応状況が異なるため、契約会社への確認が必要)。

期待が大きい「東京2020」4K中継

 放送開始から1カ月強ですが、正直なところ、ネットなどでは新4K衛星放送に関する酷評が散見されることも事実です。確かにNHKをのぞいた民放キー5局の4Kコンテンツは、充実しているとはとても言い難く、1日の放送の大半は現状、既存コンテンツを4Kにアップコンバートしたものばかり。現状では酷評も致し方ないといえるでしょう。

 しかし、広告を糧とする民放が、放送開始の時点からコンテンツを拡充できないのは当然といえば当然。かつてのBSデジタルのスタート時も同様でしたが、これについては時間が解決することになるでしょう。

 このことを差し引いても、NHKの4Kコンテンツの中には、その映像美にハッとさせられるものが少なくはなく、それらを見られるだけでも、今の段階では満足かなと個人的には思っています。

 中でも平日夜10時から放送している「8Kベストウィンドー」は秀逸。これは8K放送用に制作されたコンテンツを、4Kにダウンコンバートして放送しているもの。紀行や国内外の名所旧跡などのドキュメンタリー、コンサート中継などがメインですが、NHKが総力をあげて制作したものが多く、その映像美や音響の見事さは、従来のテレビ放送の枠を完全に超えていると断言できます。

 単体チューナーを付加しただけで、これらを自宅で見られるようになるというだけでも、新4K衛星放送の満足度は非常に高いように思います。もっともこうした番組に興味がない方からは、「いくら映像がきれいだからといって、それで何なの?」という声が聞こえてきそうですが。

 結局のところ、新4K衛星放送とは、数ある4Kコンテンツの一つでしかないのだと思います。同じテレビ放送でありながら基幹放送インフラである地デジとの最大の違いは、あくまでも「付加的な放送サービス」ということでしょう。先行きは分かりませんが、少なくとも現状ではネット配信やブルーレイなどと同様、趣味嗜好がメインの世界。ブルーレイで好きな映画を見るような感覚で、新4K衛星放送も気に入った番組だけを見るというスタイルがフィットするように感じます。

 この流れが変わるとすれば、やはり2020年の東京オリンピック/パラリンピック。NHKが「総力を結集して中継する」と宣言しているわけですし、これは非常に楽しみです。従来の中継からどれほど進化するのかを、興味深く感じている方も少なくないようですし、基幹放送インフラにまで発展するのかは別としても、新4K衛星放送がブレイクするきっかけとなることは間違いないでしょう。新4K衛星放送への投資(特に単体チューナーの追加設置)は、その日に備えたものと考えれば非常にリーズナブルなのではないかと思います。(征矢野毅彦)