新4K衛星放送「単体チューナー」の選び方地デジやBSデジタル受信機能をどう考えるか
ぜひともチェックしたい電子番組表の使い勝手

 昨年12月1日から始まった新4K衛星放送。4K対応テレビユーザーの中には、新4K衛星放送の受信システムを揃えるか否かについて、悩んでいる方も少なくないでしょう。そんな方にこそ、ぜひお勧めしたいのは、新4K衛星放送用の単体受信チューナーの導入です。

 4K単体チューナーでしたら2万円台のリーズナブルなモデルから用意されていますし、既存BSデジタル放送の受信システムに追加設置するだけで、NHK及び民放キー5局(日本テレビのみ2019年12月開局)の4K放送を視聴できます。民法は基本的に無料放送ですし、NHKもBSデジタル契約料金の中に4K放送も含まれていますから、追加料金は不要。手軽に新4K衛星放送を楽しむことができます。

 現状では民放の4Kコンテンツが限られており放送内容が充実しているとは、まだいえませんが(1日の大半は2Kコンテンツの4Kアップコンバート番組)、NHKはオリジナルの4K番組や8K番組の4Kダウンコンバート番組を、朝から晩まで放映中。特に2KのBSプレミアムをよく見られる方にとっては、必見の番組が目白押しといえます。今回は新4Kチューナーの選び方について、そのポイントを紹介しましょう。

4K専用モデルか、マルチ受信モデルか?

 表は主なメーカーの単体4Kチューナーを比較したもの。下は2万円台から上は5万円台までとバラついていますが、これは主に機能の違いによるもの。肝心の画質についてはチューナー間で大きな差はありません。そこは心配せずに、あくまでも自分の視聴スタイルに応じた機能や仕様を持つモデルを選ぶことが重要です。

 例えば単体4Kチューナーには「新4K衛星放送の受信しか求めない」という割り切った使い方であれば、シャープやI・Oデータのモデルが最適ということになります。両モデルとも地デジやBSデジタルのチューナーは非搭載。新4K衛星放送の受信だけに絞った専用チューナーなので、その分、価格もリーズナブルに設定されています。

 新4K衛星放送の受信システムを整えようという方の大半は、すでにBSデジタルの受信環境をお持ちでしょうから、新たな地デジやBSデジタルのチューナーは不要という方も少なくないでしょう。両モデルともシンプルな設計でありながら、新4K衛星放送の予約録画機能(別売りHDDによる対応)を搭載。もっとも手軽に新4K衛星放送を満喫できる単体チューナーといえます。

 では、地デジやBSデジタルチューナー搭載モデルは無意味なのかといえば、決してそうではありません。4K以外のチューナーを搭載したモデルであれば、既存のテレビシステムの中に、新たに地デジやBSデジタル放送の録画手段を追加することになり、トータルでのテレビシステムを拡充できるからです。

 最近はNHK、民放を問わずにBSデジタル放送の内容が充実してきており、録画したい番組の多数重複というケースが少なくありません。確かに最近のテレビは3チューナー搭載などが当たり前になってきていますが、それでも足りないという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。

 地デジ&BS/CSデジタルチューナーの搭載モデルは、そんな時の予備チューナーとして重宝するはず。特に東芝のモデルは地デジ&BS/CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載しており、新4K衛星放送以外は裏録も可能という贅沢な仕様。大家族や、一度に多数の番組を録画したいというヘビーユーザーにとっては、頼もしいモデルではないでしょうか。

 さらには、地デジ&BS/CSデジタルに加えて、4Kチューナーをも2基搭載して、4K放送の裏録にまで対応しているのがソニー。つまりは、現在放送されているテレビ放送(4K、地デジ、BS/CS)のすべてについて裏録対応という超贅沢なモデルといえます。

 正直なところ今現在でいえば、新4K衛星放送については裏録までしたくなるほど4K番組が充実しているのかと問われれば、かなりの疑問符がつくことも確か。

 ただし、これについては時間が解決するはずで、その時のための先行投資として考えればソニーは有力な選択肢といえます。BSデジタル放送も放送開始の初期段階では裏録機能を必要とするほどの状況ではありませんでしたが、今や状況は一変。有力番組が目白押しです。新4K衛星放送も同じ道をたどる可能性が非常に高いだけに、特に4K放送のヘビーユーザー予備軍にとってはマストアイテムといえるでしょう。

電子番組表の使い勝手は各社各様

 ここまで、主に機能面からモデル選びのポイントをまとめましたが、もう一つ重要な点が「使い勝手」です。特に電子番組表に関連する機能やインターフェースは各社各様。これまで、この機能は各社とも大差ないと思っていたのですが、メーカーによって違いが大きいということに最近気づきました。電子番組表は、その操作性の善し悪しが、録画予約のしやすさに直結するだけに、ここは慎重に選びたいところです。

 例えば個人的に便利だと考えている機能は、単一放送局の番組表示です。現段階の新4K衛星放送でいえば個人的には、民放で録画しておきたいと思う番組はそれほど多くなく、NHKと民放全局の1日分の番組総覧表示にはあまり意味を感じません。それよりもNHKのみの番組を1週間分並べる方がはるかに効率よく予約設定できます。

 また表示している番組表の日時を、リモコンの4色ボタンを使ってワンタッチで翌日や前日にずらすことのできる機能も便利だと思うのですが、これを搭載していないモデルもあるとのこと。これらの機能については、個々人の使用感や現在使っているテレビやレコーダーのメーカーによっても、要不要が分かれるでしょう。店頭でモデル選びをする際には、可能な限りこの部分をチェックすることをお勧めします。(征矢野毅彦)