• 中小企業庁が「事業承継補助金」の公募開始を告知

    中小企業庁は、2017年(平成29年)度補正予算「事業承継補助金」の公募に関する事前予告を行いました。前年制度から拡充されており、「事業再編・事業統合支援型~M&Aタイプ~(Ⅱ型)」が追加され「後継者承継支援~経営者交代タイプ~(Ⅰ型)」との2類型に。...
  • 中小企業にも影響!2大改正法が施行

    2018年6月1日、大手企業や中小企業、個人事業主を問わず適用される改正法が施行されたことをご存知ですか。「改正割賦販売法」と「日本版司法取引」の2つの法制度がスタートしました。改正割賦販売法については、以前にシャニム本誌(61号)でも取りあげましたが...
  • 日本の中小企業にも影響!? EU域内でGDPR施行

    2018年5月25日、EU域内でGDPRが施行されたことをご存知でしょうか。これは、「EU一般データ保護規則」のこと。基本的にEU加盟国が対象ですが、その影響は日本の事業者にも及ぶとされています。 EU諸国とビジネスを行う国内事業者はもちろん、「EUと...
  • 公募開始! 2018年度「IT導入補助金」

    中小企業や小規模事業者向けの補助金として注目の「IT導入補助金」が、前年に続き2018年度も継続。1次公募が4月20日(金)からスタートしています。上限額や補助率などに変更はあるものの、事業スキームなどはほぼ変わっていません。改めて、制度を確認していき...
  • 繰上げ・繰下げを考える(最終回)

     前回は、年金の「繰上げ」と「繰下げ」という制度の概要を紹介したが、今回は、「繰上げ」と「繰下げ」をどう捉えたら良いのか、もう少し深く考えてみたい。 繰上げ・繰下げが「損」となる場面  まず、「繰上げ」と「繰下げ」の双方について、「損」をする場面と「得...
  • 年金の繰上げ・繰下げ(第28回)

     今回は、年金の「繰上げ」と「繰下げ」という制度を紹介しよう。「繰下げ」の方は、前回からの続きで「第3ステージ」対策としての妻の「老齢基礎年金」の増やし方にも活用できる制度である。 繰上げ  現在の年金制度の,、本来の支給開始年齢は65歳である。「繰上...
  • 国民年金の「任意加入」(第27回)

     前回、「老齢基礎年金」を増やす方法として、国民年金の「任意加入」と「繰下げ」という制度を紹介したが、今回は「任意加入」について、もう少し詳しく説明しよう。 国民年金に任意加入できる人、できない人  年金制度は原則的には強制加入の制度である。会社に就職...
  • 続々と開始! 中小企業・小規模事業者向け補助金公募

    2018年度予算と2017年度補正予算に関連した支援事業・補助金等の公募受付が、2月から3月にかけて続々と始まっています。シャニム通信Vol.63発行時点で、公募中の主な補助金は下記の通り。いずれも、事業者を対象とした施策をピックアップしました。各事業...
  • 「第3ステージ」対策(第26回)

     前回は、一方または双方がサラリーマンである夫婦にとっての「第3ステージ」の重要性について述べた。今回は、「第3ステージ」対策について考えてみよう。 夫は「老齢厚生年金」、妻は「老齢基礎年金」  一方または双方がサラリーマンの夫婦であって、かつ夫の「老...
  • 「第3ステージ」の重要性(第25回)

     ここまで、サラリーマン夫婦の年金を時系列に沿って、年上の方が年金を受給する「第1ステージ」、夫婦双方が年金を受給する「第2ステージ」、いずれかが先立って残された方が年金を受給する「第3ステージ」と名付けて解説してきた。  しかし世間的には、年金制度が...