• マイナンバー対策 最新事情1

    情報漏えいを許さない!マイナンバー 対策最新事情 この10月からマイナンバー制度における個人番号(マイナンバー)の通知が始まった。マスコミでは『マイナンバー特集 』が盛んに組まれており、注目度の高い制度であることは確かだ。一方で、中小・零細企業の間では...
  • 連載9/節税には税務調査対策が不可欠! イザとなっても慌てることなかれ

    税務調査の基本的な性質とは多くの社長にとって、税務調査は警察の捜査にも匹敵するほど嫌なものです。しかし、税務調査は「後ろめたい」社長以外は何ら恐れる必要のないものです。ただし、税務調査に関する「正しい」知識を持っておくことは大切です。なぜならば、「節税...
  • 中小企業のための 「マイナンバー」基礎講座1

    セキュリティを見直せ! 2016年1月からスタートする「マイナンバー制度」(番号通知は15年10月〜)。 これは規模の大小や法人・個人を問わず、すべての事業者の行政処理に関わる新たな制度だ。 だが、具体的にどんな対応をすべきかについて頭を悩ませる経営者...
  • LEGAL Reform/「電子帳簿保存法」改正

    「電子帳簿保存法」の要件が大幅緩和 複合機を使った電子保存が簡単・便利に! 2015年9月30日以降、「電子帳簿保存法」省令改正によりスキャナ保存要件が緩和 厳格な旧電子帳簿保存法を改正して、税務関係書類の電子化を推進 旧電子帳簿保存法でネックだった金...
  • 連載8/節税を個人事業主と比較した場合、法人にはこれだけのメリット!

    税務調査の基本的な性質とは多くの社長にとって、税務調査は警察の捜査にも匹敵するほど嫌なものです。しかし、税務調査は「後ろめたい」社長以外は何ら恐れる必要のないものです。ただし、税務調査に関する「正しい」知識を持っておくことは大切です。なぜならば、「節税...
  • 連載7/個人も法人も意外に多い「無申告」 。たとえ赤字でも申告はしっかりと!

    サラリーマンにも申告義務世の中には申告すべき所得がありながら、申告をしていない人がどれだけいるのでしょうか。サラリーマンは、問答無用で給料から所得税を源泉徴収されますから脱税のしようがありません。しかし、家にあった「掛け軸」を骨董屋に売ったら100万円...
  • 2015年度 中小企業者関連 税制ガイド

    法人税減税、少額減価償却資産の特例、グリーン投資減税、etc. 法人税の軽減税率「15%」2年間延長 投資関連減税が充実、設備増強の好機 2015年度(平成27年度)の与党税制改正大綱が、昨年12月30日にまとまった。アベノミクス「第3の矢(成長戦略)...
  • 連載6/経費かどうかを判断するのは「社長、あなたご自身です!」

    節税に決め手なし!節税に「絶対」という決め手はありません。小さい努力、工夫の積み重ねです。ただし、あえて節税に決め手があるとしたらそれは、それは「グレーゾーン」です。グレーゾーンを利用することで「経費の概念」を拡大できるからです。法律は、大まかな規則は...
  • 連載5/4年落ちの中古ベンツが 「最強節税アイテム」である理由

    節税の定番「自動車買い換え」 自動車の買い替えは会社の節税の定番といえます。特に買い替える自動車に、帳簿上の残存価格がある場合はチャンスです。ただし自動車のように価格の高い固定資産は、購入時に支払った金額が一時の費用になるわけではありません。 通常は、...
  • 連載4/歴史の長い会社の決算書は 見方を変えれば「節税の宝庫」!?

    個人経営の社長さんは、決算書の損益計算書はよく見ているようですが、貸借対照表はあまり見ていないようです。簿記に対する苦手意識からでしょうか。 しかし、貸借対照表はとても重要です。社長が一目見て会社の財産の状況が分かるようでなければなりません。会社がこれ...