Call Market

金融機関が相互に短期(通常1カ月未満)の資金貸付や借入を行う市場のことで、金融機関が日々の資金の過不足を調整する場としての役割を持つ。名称は、「呼べば応える(短期で回収できる)」を意味するコールに由来している。市場での資金を、貸す側は「コールローン」、借りる側は「コールマネー」と呼ぶ。