ソニー 「ブラビア」 KJ-65A8F

4K対応OLEDテレビ空間に調和するスリムなデザイン

●独自の高画質技術でパネル特性を最大限引き出す

2007年に発売した世界初のOLEDテレビ「XEL-1」から、プロの現場でも使用されている業務用OLEDモニターまで有機ELの研究・開発を継続。そこから生まれた高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」が、漆黒から点光源の輝きまで光の表現力を高め、圧倒的なコントラストを実現。より現実に近い高画質を再現する。

●画面から音が広がる「アコースティック・サーフェス」

本体背面中央に薄型サブウーファーを2基搭載する「アコースティック・サーフェス」を採用。高画質映像と迫力ある音が融合して、シーンの空気感までをも再現。しかも小型・高効率のデジタルアンプ「S-Master」をテレビ用に最適化して搭載。デジタルからアナログ変換の過程における情報の欠落を低減。音質劣化が少ない忠実な音を再現できる。

●あらゆる空間に調和するスリムなデザイン

テーブルトップ設置時の奥行きを約255ミリまで極小化。さまざまな場所にすっきりと設置できるデザインの採用により、スタイリッシュな壁掛けスタイルをも実現する。しかも、ベゼルを可能な限り薄くしており、スピーカーも前面からは見えない構造にすることで、ユーザーの映像への没入感を、最大限に高めている。

メーカー名: ソニー

製品スペック

●パネル方式:4K有機EL
●画面サイズ:65インチ
●質量(スタンドなし):約24.4kg
●外形寸法(スタンドなし):W1447×H836×D55mm
●年間消費電力量:約277kWh/年
●チューナー:地デジ×2、BS・110度CSデジ×2
●USB録画:対応
●HDMI端子数:4(4K入力&HDCP2.2対応)
●音声実用最大出力:総合50W ●発売日:2018年6月9日
※4Kテレビ放送の視聴には4Kチューナーが別途必要です。