• 2014年度 中小企業者関連 税制ガイド

    設備投資から交際費、研究開発まで減税策が充実! 「少額減価償却資産の特例」が延長 太陽光発電の即時償却期限は残り1年 2014年(平成26年)度税制の概要が明らかとなった。新税制は、昨年10月の「民間投資活性化のための税制改正」を軸に、新たに減税措置を...