• シャニム63号・お詫びと訂正

     シャニム63号(2018年5月31日発行)の記事『2018年12月1日スタート「4Kテレビ放送」』におきまして、誤りがありました。  15ページ1行目に“東芝のX910、BZ710X、M510Xの3シリーズのみ(6~7月発売開始予定)”とありますが、...
  • 4K放送の認知拡大、未だ道半ば!!

     先日のことです。ある家電系雑誌の4Kテレビ放送関連記事を読んでいたのですが、その、あまりに筋違いな内容に驚かされました。そこでは、「4K放送を楽しむためにはテレビはもちろん、チューナーやアンテナまですべて4K対応のものを設置しなければならない」と断言...
  • 大判ポスターの作成体感レポート/キヤノン

    先日、キヤノンのショールームで、大判プリンターによるポスター作成の様子を取材する機会がありました。屋外掲示用の大判ポスターの内製化は技術的な課題、手間や時間がかかるといった理由から敬遠されがちで、コスト的には高くつくと分かっていても、外注に出してしまう...
  • 日本の中小企業にも影響!? EU域内でGDPR施行

    2018年5月25日、EU域内でGDPRが施行されたことをご存知でしょうか。これは、「EU一般データ保護規則」のこと。基本的にEU加盟国が対象ですが、その影響は日本の事業者にも及ぶとされています。 EU諸国とビジネスを行う国内事業者はもちろん、「EUと...
  • EV充電の「事業化」は儲かるのか!?

     前回に続いて「EV充電器」ネタでいきます。今回のテーマはズバリ「EV充電器の設置事業」について。端的に言えば、今あるガソリンスタンドのように「EV充電ステーションは儲かるのか?」です。  EVの現状の登録台数は19万台ほど。これが僅か2年後の2020...
  • 4陣営がつばぜり合い:EV充電規格

     ヤマダ電機法人事業部がEV(電気自動車)用の急速充電器の販売に本腰を入れます。タッグを組むのは2017年国内出荷シェアNo.1(NCS登録ベース)の「ニチコン」です。  同社の急速充電器は①他社を圧倒する小型設計、②万が一の機器トラブルでも迅速かつ低...
  • エプサイトで写真プリントの企画展を開催/エプソン

    エプソンは、同社のイメージングギャラリー「エプサイト(東京都新宿/新宿三井ビルディング1F)」で、写真の楽しみ方を提案する企画展を開催します。テーマは「プリント解体新書―写真力を高めるプリントの秘密」。会期は、2018年6月22(金)から7月19日(木...
  • パナ、ソニー、東芝が一斉発表「4K OLEDテレビ」

     大型連休明けの5月8日、ソニー、パナソニック、東芝の3社が、一斉に4Kテレビを発表しました。メイン機種はいずれもOLED(有機EL)テレビで、ソニーは「BRAVIA A8F」シリーズ、パナソニックは「VIERA FZ1000」シリーズ、そして東芝は日...
  • ラベルライターのフルカラー機を発表/ブラザー

    ブラザーがラベルライターの新製品を発表しました。フルカラー印刷に対応し、写真やイラスト入りの彩り豊かなオリジナルのカラーラベルを作成できるP-touch Color(ピータッチカラー)の「VC-500W」。2018年6月上旬より発売するとしています。...
  • 超高速モノクロ機の後継モデルを発売/キヤノン

    キヤノンは、「Satera(サテラ)」ブランドの新製品となるビジネス向けA4モノクロレーザー複合機の高速モデル「Satera MF521dw」の発売を開始しました。MF521dwは2016年4月にSateraの高速機カテゴリーとして投入されたMF511...